お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

上司に使ってOK? 「大丈夫です」の敬語表現と使い方【メール例文】

川道映里(マナー講師)

「大丈夫です」を敬語にしたときの正しい使い方は? 了承、断るなど、意味別に言い換え方をマナー講師が解説します。いざというときに使えるメール例文も紹介。正しい敬語を使えるビジネスパーソンを目指しましょう。

多くの意味合いが含まれる「大丈夫」という言葉。

最近では、若い世代を中心に、肯定や否定の場面で用いられている便利な言葉です。ただ状況によっては、こちらが伝えたい気持ちとは違う意味で伝わる可能性もあるため、相手に誤解を与えないよう言い換えることが必要です。

そこで、「大丈夫」の本来の意味を確認し、シチュエーション別に使い方をご紹介します。

「大丈夫」が持つ本来の意味

精選版日本国語大辞典を引くと、「大丈夫」には3つの意味があります。

1.「だいじょうふ」と読み、立派な男子
2.「非常にしっかりしているさま」や「危なげのないさま」、「間違いないさま」
3.「間違いなく」や「たしかに」、「心配いらない」

また、「大丈夫」は「丈夫(じょうぶ)」の美称(丁寧にした言い回し)で、本来は1つ目の「立派な男の子」という意味の漢語でした。

しかし、日本では2つ目の「非常にしっかりしているさま」や「危なげのないさま」、「間違いないさま」が発達しました。

さらに「大丈夫」と「丈夫」は、ほぼ同じ意味でしたが近世に分化が起こり、明治以降、「丈夫」が達者な状態や堅固なさまを表すのに対し、「大丈夫」は危なげのないさまや間違いのないさまを表すという区別が明確になりました。

次ページ:ビジネスシーンで「大丈夫です」は使ってOK?

お役立ち情報[PR]