お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

「飄々とした人」に見られる6つの特徴となり方

小日向るり子

物怖じしない、飄々とした人をうらやましく思うことはありませんか? そんな飄々とした人にはどんな特徴があり、そうなるにはどうすればいいのかを心理カウンセラーの小日向るり子さんに伝授してもらいます。

「飄々とした人」と聞くとどのようなイメージを持ちますか?

流されやすくフワフワしているといったネガティブなイメージを持つ方もいると思いますが、慣習や狭い価値観の中で窮屈さを感じている人にとっては、うらやましい存在ではないでしょうか。

今回はそんな飄々とした人の特徴、またそうなるための「コツ」を解説していきます。

飄々とした人の特徴

「飄々とした」の言葉の意味は?

まず「飄々」という言葉の意味ですが、三省堂・大辞林(第三版)によると

(1)風にふかれてひるがえるさま
(2)ぶらぶらとあてどもなくさまようさま
(3)性格・態度が世俗を超越していてとらえどころのないさま

となっています。辞書的な意味だけでいえば「落ち着きがない人」「責任感がない人」というネガティブなイメージです。

しかし、実際の人を指して使う場合は「社会的基準を逸脱せずに、それでいて自由に生きている」といったようにポジティブなイメージを持たれる場合が多いといえます。

飄々とした人の特徴

1.執着がない

物事に執着しません。興味がある間はやっていますが、飽きたら損得勘定なくやめてしまいます。

2.取り繕わない

「取り繕う」とは物事の外側だけを整えることです。飄々とした人は取り繕うことをしないため、容姿にこだわりがないように見えることもしばしばあります。

3.気負いがない

気合を入れる、限界まで頑張る、ということは極力しません。

ただこれは飄々とした人が成果を出せないということではありません。気負いなく好きなことをやった結果、常人よりも素晴らしい結果を残すこともあります。

4.見栄をはらない

自分を大きく見せようとせず、等身大の自分を語ったり見せたりすることに躊躇しません。

5.他人と比較しない

取り繕ったり見栄をはったりするのはどこかに「他人より上位でいたい」「他人から見下されたくない」という比較する心理があります。

しかし、飄々とした人は「自分は自分、他人は他人」という考えが徹底しています。

6.動じない

物事に動じません。自分の中に軸がしっかりあるため、自由に動いているのにふらふらしているとは見えないのです。

飄々とした人の性格の長所・短所

では、そんな「飄々とした人」にはどのような長所や短所があるのでしょうか? それぞれ紹介します。

長所(メリット)は?

1.おおらかに見える

社会的規範でがんじがらめになっているときなど、飄々とした人に相談すると「なんとかなるよ」などの何気ないひと言で一気に気持ちが軽くなることがあります。

それは飄々とした人のたたずまいがおおらかに見えるため。

存在と相まって非常に説得力がある言葉となるのです。

2.本音が言いやすい

飄々とした人は執着しません。これは根に持たないということでもあります。

そのため「本音を言ったら反感を持ち続けられるかも……」などと心配することがなく、本音を言いやすいのです。

3.一緒にいて安らぐ

これは小さなことを気にして悩んでしまうタイプの方に特に起こりやすい感情です。一緒にいると安らぐと同時に、憧れの対象として映ることもあります。

短所(デメリット)は?

1.協調性に欠ける

飄々とした人は、自分を他人と比較することをしません。つまりマイペースなのです。

そのためグループ作業など協調性を必要とする仕事や行事などの場合、「やりづらい人」という印象を与えてしまう場合があります。

2.一貫性がないように見える

基本的に自分の気持ちの赴くままに行動しますので、時に一貫性がない行動をとってしまうこともあります。

そのため「継続は力となる」という価値観が強い人にとっては、不快な言動として映ることがあります。

3.興味がなさそうに見える

飄々としている人は、達観した思想を持っている人が多いです。

そのため、たとえば仲間で食事に行こうという場面でお店を選ぶときなどどんな店や料理を提案しても「それいいね」といった反応で、こだわりのなさに物足りなさを感じることもあるでしょう。

しかし、当人は心底から「健康で食べられるだけで十分」などと達観した思想を持っていたりするのです。

次ページ:飄々とした人になるには?

お役立ち情報[PR]