お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 コーディネート

ガーリーファッションとは。コーデ&ブランド【イラストで解説】

佐藤あさひ

ガーリーと呼ばれるファッションのジャンルがあります。ガーリーとはいったいどんなスタイルのことなのでしょうか? ファッションライターの佐藤あさひさんに、ガーリー系ファッションの特徴やブランドについて、くわしく教えてもらいました。

一度は耳にしたことがあると思う「ガーリーファッション」。

なんとなくかわいいファッションであることはわかりますが、くわしくはわからない方も多いかもしれません。

ガーリー系、ガーリッシュと呼ばれるスタイルはどんなものなのか、ブランドやコーデについてイラストを交えて紹介します。

これから挑戦してみたい方は参考にしてみてくださいね。

ガーリーファッションとは

ガーリーファッションとは

今現在の日本でいう「ガーリーファッション」とは、女の子らしいかわいさを全面に出したデザインの服でコーディネートしたファッションのことです。

ひと目でわかる女性らしい要素、たとえばリボン・フリルといったモチーフや、レース・シフォンといった素材が使われています。小花柄や水玉柄といった繊細で愛らしい柄も特徴です。

色はピンクや白を中心に、やさしいパステルカラーが多いでしょう。

ガーリーの意味と定義

ガーリーは英語で書くとgirlyとなり、少女らしい様子やかわいい様子を表す言葉です。

三省堂の『デイリー新語辞典』によれば、少女を意味するgirlをもじったもので、1990年代中盤のアメリカで発祥した考え方です。

フェミニンファッションとのちがい

ガーリーファッションとフェミニンファッションとのちがい

フェミニンファッションも広い意味ではガーリーファッションに入りますし、逆にガーリーもフェミニンの一部といえるでしょう。

フェミニンファッションは女性らしいシルエットや素材でありつつ、上品さ・大人っぽさを強調した服装です。日本では働く女性ファッションの定番ともいえます。

ガーリーファッションが少女らしいかわいさを重視するのに対し、フェミニンファッションは大人の女性らしさを重視しています。

ガーリーコーデの特徴

一番大きな特徴は少女服のようなふんわりしたシルエット、かわいらしい雰囲気。

ひと目で女性ものとわかる色やデザインで、ピンクなどのパステルカラーが中心です。

リボンやフリルがあしらわれたデザインも多く、足元がスニーカーでも柄が花柄だったり、靴ひもがピンク色だったりと「少女らしさ」を強調したデザインが定番です。

代表雑誌

LARME(ラルム)

「甘くて、かわいい女の子ファッション絵本。」がコンセプト。表紙をガーリーファッションの女性が飾ることの多い、とてもかわいい雰囲気の雑誌です。付録でピンクメイクのためのアイシャドウセットがついたり、紙面もかわいらしいヴィジュアルなのが特徴。

sweet(スウィート)

甘すぎず、カジュアルをミックスしたほどよい大人ガーリーなコーデが満載の雑誌。ファッションブランドとコラボしたポーチやバッグなどの付録は、どれもとびきりかわいいと評判です。

bis(ビス)

ガーリー・ビューティーをテーマに、ちょっと大人っぽいフェミニン要素もあるスタイルが紹介されています。ガーリーファッション好きでも落ち着いたコーデがしたいときなどに参考になりますよ。

次ページ:ガーリーの種類って? 系統別代表ブランド&スタイル

お役立ち情報[PR]