お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

自尊心が低い人の特徴って? 心療内科医が教える原因と対処法

ゆうきゆう

自尊心が低いと、さまざまな弊害を引き起こしそうなイメージがありますよね。しかし、実際のところ、「自尊心が低い」とは、どのような人のことを言うのでしょうか。そこで今回は、自尊心が低い人の特徴や自尊心が低い原因、対処方法について、ゆうメンタルクリニック総院長・ゆうきゆう先生に解説してもらいました。

pexels-photo-289222

■自尊心が低い人の特徴って?

まず、自尊心が低いとはどのようなことを指すのかご説明します。

pexels-photo-196385

心理学では“自尊感情”と言われるのですが、一般には「自尊心」「自信」「自己肯定感」と言った言葉で表現されることが多いでしょう。この自尊感情は「自分に価値がある」と感じられる感覚のことで、自分を大切に思ったり、自分を好きだと感じる気持ちとイコールだと考えていただいて構いません。自尊感情が高ければ高いほど、自分を認める気持ちが強くなり、自分を好きだと感じられ、大切に扱うことができます。しかし、自尊感情が低いと自分を好きになれず、否定的な見方をしたり、ときには自傷行為にいたることがあります。

次に、自尊心が低い人の特徴にご紹介します。

◇周囲に認められていないような気がする

周囲のちょっとした態度や言葉に傷ついたり、過剰反応しやすく、基本的に周囲の反応をネガティブに捉えやすい傾向があります。たとえば、恋人から連絡がないと「愛されてないのでは?」「もう飽きられたのかも」というように飛躍した考えをしてしまうようなら、自尊感情が低い可能性があります。

◇「自分にはできない」と思いやすい

何か仕事を任されたり、自分がやってみたいと思うことに対して、「でも無理」「自分にはできない」など、やる前からできないと決めつけてやらないことが多いです。「どうせ自分は失敗する」と考える癖は、自尊感情の低さからきています。

◇自分が嫌い

自己否定感や自己嫌悪の気持ちが強い人は、自尊感情が低くなっている可能性が高いです。体質や家族構成などの変えられないことから、経歴や恋愛遍歴・生活スタイルなど、今後の努力次第で変えられることまで、多岐にわたって自己否定のネタになっているようならば、自尊感情はかなり低くなっていると言えます。

◇周囲への嫉妬が激しい

特に、「できる人」「幸運な人」への嫉妬が激しくなります。「自分だってがんばっているのに報われない……」といった気持ちから嫉妬深くなりやすいです。ときには嫌味を言ったり、わざと周囲の足を引っ張るような言動をすることも。

◇努力に疲れ、最終的には無気力になる

はじめのころは、「自分に足りないもの」を補うために努力しますが、うまくいかない経験が続くと、やがて無気力になり、新しいことに関心を示したり、チャレンジすることを避けるようになります。「自分の可能性を信じられない」というのも、自尊心の欠如です。

次ページ:自尊心が低い原因って?

お役立ち情報[PR]