お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

干支で分かる性格は? 恋愛傾向や相性の良い干支も紹介

紅たき(占い師・コラムニスト)

十二支はそれぞれ異なる意味や特徴を持ち、その年に生まれた人の性格などへ影響するといわれています。今回は、それぞれの干支について性格や恋愛傾向、相性の良い干支などを紹介していきます。

干支は、年などの順番を表すだけでなく、古くから占いにも使われてきました。

干支による占いは奥深く、「子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)」の生まれ年別に、さまざまなことを読み取れます。

今回は、干支の歴史を解説した上で、それぞれの干支について性格や恋愛傾向、相性の良い干支などを紹介していきます。

そもそも干支とは?

干支の発祥は中国で、日を表すための十干(じっかん)と、暦などを表す十二支(じゅうにし)の組み合わせを指します。

しかし現在の日本では、干支といえば一般に年を表す十二支を意味する場合が多いです(本記事における干支も十二支を指します)。

十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の順序でその年を表す動物が決まっています。これは、日本に伝わる下記の逸話が由来になっています。

ある日、神様が動物たちにこう言いました。「元日の朝、私のところに到着した上位12番目の者までを、順番に1年ずつ、その年に大将にしよう」。

それを聞いた動物たちは、神様の元へ向かって出発しました。この結果から、現在の十二支を構成する動物と順序が決まったのです。

また、十二支は動物ごとに異なる意味や特徴を持ちます。それらが該当する年に生まれた人の性格などへ影響するとされてきました。

次ページ:【干支別】性格の特徴と恋愛&仕事傾向

SHARE