お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

別れるべきか迷ったら? 診断リストとすべきこと3つ

おおしまりえ

彼氏と別れるべきか分からない……マンネリや喧嘩などが原因で、このように悩む女性もいるのではないでしょうか。今回は、恋愛ジャーナリストのおおしまりえさんに、彼氏と別れるべきかどうかの判断基準や診断のためのチェック項目を紹介してもらいます。

「最近彼との関係が微妙だな……」

そう思い悩む人に浮かぶ「別れ」という2文字。でも彼と急に縁を切るなんて、ちょっと勇気が要りますよね。

この記事では、そんな時に何を基準に今後の関係を考えていけば良いのか、またいざ別れるとなった時に何に気をつけるべきか解説します。

彼との関係に悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

早く別れた方が良いパターン

そもそも男女には、明らかに早く別れた方が良いパターンと、もう少し冷静に向き合い直した方が良いパターンがあります。

最初に、「明らかに別れた方が良いパターン」について、具体的な3つの事例を紹介します。

(1)明らかに彼が大切にしてくれていない

彼の態度を見ていると、「明らかに大事にされてないな」と感じるシーンはありませんか?

例えば連絡が全然つかないとか、約束をいつも破るとか……。

こうした明らかに思いやりのない行動を彼が取っている場合、そもそも関係修復も難しいですし、別れた方が良いケースが多いです。

(2)借金やDV、モラハラなどの問題がある

借金やDV、モラハラなどの問題がすでに起きている場合、それは早急に別れた方が良いケースといえます。

なぜなら、こうした問題を当事者同士だけで解決するのは非常に難しく、解決しようとすると何らかのダメージを受けることが多いからです。

「大好きな彼のために……」と献身的な気持ちになる女性も多いですが、それは離れるのが正解でしょう。

(3)話し合いがそもそも成立しない

長く付き合っていれば、関係がマンネリ化したり悪化したりすることもあるでしょう。そんな時に乗り越える方法はただ1つ、「話し合うこと」です。

気持ちや今の状況、相手への要望や自分の要望を真正面から伝え合うこと。これができて、良い恋愛関係は続いていきます。

裏を返せば、今冷静かつ建設的な話し合いができないのであれば、先々を考えても2人に明るい未来はないかもしれません。

次ページ:もう少し考えた方が良いパターン

SHARE