お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

デートDVとは? 弁護士が教える原因と対策

岩沙好幸

彼氏が怒鳴ったり、手をあげたり……。時折見せる一面に不安を感じながらも、誰にも相談できないという状況に陥ってはいませんか? また、「デートDV」という単語は知っているけれど、実際それの対処法がわからないという女性も少なくないはずです。そこで今回は、アディーレ法律事務所の岩沙好幸弁護士に、デートDVの実態と対処法について聞きました。

istock-535297623-2

■デートDVとは

「デートDVとは何か」と聞かれて、あなたは説明することができますか? ここでは、知っているようで知らないデートDVの基礎知識について教えてもらいました。

◇デートDVの定義

istock_84890543_small

デートDVとは、法律用語ではありませんが「交際している恋人間で起きる暴力」のことを指します。日本では配偶者間の暴力をDV(ドメスティック・バイオレンス)と呼んでいましたが、近年では配偶者間だけでなく、恋人間での暴力も問題となっており、これが「デートDV」と呼ばれるようになりました。

言葉の響きから、夫婦間のDVより深刻ではないような印象を持っている方もいますが、デートDVも、特に若者の間では深刻な問題となっています。

◇デートDVの種類って?

DVは、肉体的な暴力だけにとどまらず、精神的な暴力や過剰な束縛などもそれに該当します。デートDVは、以下の5つに種類分けされます。

(1)身体的暴力

相手の身体を叩く、殴る、蹴るなどはもちろんですが、体を押さえつける、髪の毛をつかむ、さらには当たらないにしても物を投げつける、なども身体的暴力で、典型的なDVのひとつです。

(2)精神的暴力

相手をバカにしたり、大声で怒鳴ったりすることは、精神的暴力です。「ブス・デブ」などと容姿を否定するほか、「そんなこともわからないのか」「お前は頭が悪い」などと決めつけ、不機嫌になる理由をパートナーのせいにするのもこれに当たります。また、無視をする、あるいは「別れたら死んでやる」「お前の秘密をバラしてやる」などと脅すことも、精神的暴力と言えます。

(3)社会的制限

社会的制限というと、監禁などをイメージしてしまいそうですが、過度な束縛もこれに当たります。メールや電話を勝手にチェックする、「○○とは遊ぶな」などと友人との付き合いを制限する、服装や行き先などを指示して好きに行動させない、「電話にはどんなときでも必ず出る」「返信は1分以内」などのルールを強要することなども社会的制限です。

(4)性的暴力

たとえ恋人間であっても、無理やり性行為を行うなどは性的暴力になります。ほかにも、避妊に協力しない、性行為に応じないと不機嫌になる、相手にわいせつな雑誌や動画などを無理やり見せると言った行為がこれに当たります。

(5)経済的暴力

夫婦間の経済的暴力は、主に「生活費を渡さない」というのが典型ですが、恋人間ではデート費用を毎回負担させる、高価なプレゼントを買わせる、などが当てはまります。お金を借りて返さなかったり、バイトをさせてお金を稼がせたり、または逆にバイトを辞めさせ自由にできるお金を持たせないなど、が該当します。

お役立ち情報[PR]