お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

デートDVとは? 弁護士が教える原因と対策

刈谷龍太

■加害者がデートDVをしてしまう原因

そもそも、こういった肉体的・精神的な暴力を交際相手に振るってしまうのには、どんな理由が潜んでいるのでしょうか? 加害者に見られる心理状態や特徴を聞きました。

◇加害者の心理とは?

pexels-photo-93018

加害者の心理は、主に以下の3パターンに分けられます。

☆愛情表現だと勘違いしている

相手を束縛するタイプに多いのは、「これが愛情表現である」と勘違いしている人です。付き合っているからには連絡はすぐに取るべき、自分以外と遊ばないのが当然、などという思考で、軽い束縛から過剰な束縛、そして暴力へと発展していくケースもあります。

☆支配欲が強い

暴力などで相手を支配し従わせることで、自分の気持ちを満たしているタイプ。一概には言えませんが、社会との接点が少ない人がそのような傾向になるように感じます。「相手を繋ぎ止めたい」と思ったときに、暴力などで従わせないと安心できないのではないでしょうか。

☆暴力、束縛を軽く考えている

たとえば、ストーカーを行う人の大半が自分のことをストーカーであると思っていません。毎日相手を観察したり、付け回したりするのも、「好きなら普通のこと」と考えているのです。このような思考で、「ちょっと小突いただけだからセーフ」「メールを毎日100通送るのなんて彼女なら当たり前」と、自分の暴力や束縛を軽いものだと考えており、場合によっては罪に問われる可能性もある重大な行為という自覚がないのです。

◇実際のデートDV事例

pexels-photo-196651

ここで、デートDVについて理解を深めていただくため、事例を2つご紹介します。
※実際の事例を一部変更しています。

☆Aさんの場合

年下の彼と付き合っていたAさん。当初、Aさんは彼の甘えん坊なところが可愛いと思っていましたが、次第に彼は、経済的にもAさんに甘えてくるようになっていきました。

最初は、「今持ち合わせがないんだ」などと言う彼に対し、時折食事をごちそうしてあげる程度でした。しかし、気づけばデート代は全額Aさん持ち、プレゼントも高価なブランド品を指定され、断ると機嫌が悪くなる始末。年下とはいえ彼も社会人として働いているはずなのに、Aさんは自分の生活費を切り詰めてまでデート代やプレゼント代を捻出していました。

ある日、Aさんの疲れた様子を心配した友人から、「それはデートDVだ」と指摘を受け、彼と話し合うことになりました。数回の話し合いを重ね、Aさんに甘えすぎていたと反省した彼とやり直すことになりました。

☆Bさんの場合

Bさんは美人でモテるタイプでしたが、恋愛には奥手な女性でした。そんなBさんに猛烈にアプローチをしてくれた彼。2人は交際をスタートさせましたが、ほどなくして彼はBさんに対して過剰な暴力を振るうようになったのです。

「ほかの男と話していた」「返信が遅い」などという些細な理由で、殴る蹴るの暴力、ときには髪を燃やされることもありました。「彼が怒っているのは私が悪いからだ」と思い込み暴力に耐えていたBさん。ですが、マンションの階段ですれちがった管理人に会釈をしたのを見た彼に、「色目を使っただろ」と突き落され、入院するに至ってしまったのです。

彼は警察に逮捕され、ようやく異常さに気づいたBさんは、弁護士を入れ「もう二度と接触しない」などという約束を取りつけてもらい、別れることができました。

次ページ:弁護士が教えるデートDV対策

お役立ち情報[PR]