お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「お伺いします」正しい敬語? 意味や使い方【例文付】

笹美

行くや尋ねるの謙譲語「伺う」。これを使った「お伺いします」は誤った二重敬語? この記事では、例文と共に正しい使い方を詳しく解説します。

日常会話でもビジネスシーンでもよく目にしたり耳にしたりする「お伺いします」という表現。

「お伺いします」はどのような意味で、そもそも正しい敬語なのでしょうか。この表現が二重敬語にあたる、と聞いたことがある人も多いことでしょう。

日ごろからよく使うけれど、実は誤り……? そんな不安を持つ方々へ向けて、今回は「お伺いします」の意味や正しい使い方を、例文と共に詳しく解説していきます。

「お伺いします」の意味

「お伺いします」は、「行く」「たずねる(訪ねる・尋ねる)」の謙譲語「伺う」から派生した表現。読み方は「おうかがいします」です。

謙譲語とは敬語表現の1つで、自分の動作をへりくだって伝えることで相手に敬意を示す方法。したがって、自分が「行く」「たずねる(訪ねる・尋ねる)」という意味を、相手を敬いながら伝えたい時に用いられます。

なお、「たずねる」には、複数の意味があり、「訪ねる」(行く・訪問する)と「尋ねる」(聞く・質問する)の2つの場合で使われます。

つまり「お伺いします」はどこかへ行く行為と、誰かの話を聞く行為を表す謙譲語になります。「お伺いします」を使う場合は、「行く」なのか「聞く」なのか、前後の文脈からどちらを指しているのかを判断しましょう。

次ページ:「お伺いします」は正しい敬語?

SHARE