お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

共感力が高い人の特徴とは? ちょうどいい共感力の身に付け方

桑野量(心理カウンセラー)

共感力とは一体何なのでしょうか。低いと悩む人もいれば、高すぎると悩む人もいることでしょう。では、ちょうどいい共感力を身に付けるには? 心理カウンセラーの桑野量さんが、共感力がある人の特徴や、その高め方・コントロールの仕方を解説します。

相手の気持ちに寄り添える「共感力」は、他者との関わり合いの中で生きていくために大切な要素です。

誰でも自分の気持ちを分かって欲しいという思いがありますからね。共感力が高いことは、それだけで人から愛される魅力にもなります。

一方、共感力が高すぎることで、周りの気持ちや反応に振り回されて疲弊してしまうこともあるでしょう。

私たちが他者との関わりの中で心地良く生きていくためには、この共感力をどのように扱っていけばいいのでしょうか?

心理学の側面から共感力を上手に扱っていく生き方を見ていきましょう!

共感力の意味

共感力とは、相手の気持ちや意見を察して寄り添うことが出来る力です。

相手の気持ちや意見が分かることは、コミュニケーションにおいてとても重要な要素。

相手がうまく言葉に表現できない気持ちを分かってあげることで安心感を与えられたり、相手の立場になって考えることで本当に必要なものを提案することが出来たり、円滑な人間関係を構築するためにとても役に立ちます。

次ページ:共感力が高い人の特徴とは?

SHARE