お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

振り回される人の特徴。恋愛・仕事・人間関係に疲れた時の対処法

沼田みえ子

恋愛や仕事で、周りに振り回されることが多い人っていますよね。彼氏や彼女に必要以上に気を使ったり、職場での人間関係に疲れたり……。今回は、そんな振り回されやすい自分を変える方法を、心理カウンセラーの沼田みえこさんに解説してもらいます。

抱えている仕事で既に手一杯なのに、用事を頼まれるとつい引き受けてしまう。自分の考えがあるのに、相手に意見を譲ってしまう……。

こんなふうに自分のペースではなく、他人のペースで物事を進めたり、自分よりも他人の考えを優先して疲れてしまうのが「振り回される人」です。

振り回されている状態は、しんどいですよね。こんな時、どうしたらいいのでしょうか?

振り回されがちな人の特徴と原因

恋愛でも職場の人間関係でも、振り回されがちな人には共通点があります。まずは、「振り回される」と感じている人に当てはまりがちな特徴を解説していきます。

(1)他人に認めてほしい気持ちが強い

振り回されやすい人は、自分の存在価値をなかなか感じられず、自分に自信を持てていない人がとても多いもの。

他人に認められることで、自分の存在価値を感じられ安心することができます。だからこそ、人の意見に合わせて相手から認めてもらおうとするのでしょう。

(2)嫌われることを恐れている

自分に自信が持てない分だけ、自分のことを悪い存在と捉えてしまい、「周りの人はきっと自分を嫌っているのではないか?」と考えてしまうのも、振り回される人の特徴。

常に嫌われないように相手を尊重して、自分が合わせる選択を取るので、振り回されることが多くなります。

(3)「NO」と言えない

「相手に良い人だと認められたい」、「嫌われたくない」という思いから、無理があってもなかなか「NO」と言えず、相手の言いなりになってしまう人。

こんな人も、自分よりも他人を優先するので、振り回されることが多くなります。

なぜ他人に振り回されてしまうの?

他人に振り回される原因の大元は自分に自信が持てないこと。自信がないと、「他人に悪く思われるのではないか?」という不安が大きくなります。

そして、この不安を払拭するために相手に合わせる行動が増えるので、結果的に振り回されることが多くなるのです。

次ページ:他人に振り回されてつらい時の思考術

SHARE