お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

共感力が高い人の特徴とは? ちょうどいい共感力の身に付け方

桑野量(心理カウンセラー)

ちょうどいい共感力を身につけるには?

共感力が全くないのも嫌かもしれませんが、共感力がありすぎて周りの感情に影響され、振り回されるのも嫌ですよね。

社会で生きていくために「ちょうどいい共感力」を身に着けるコツを紹介していきます。

共感力が低いと思う人は上げていくことを、共感力が高すぎると思う人はコントロールすることを目指してくださいね。

(1)本や映画などにたくさん触れる

まずは共感力の低さに悩んでいる人におすすめの方法です。

感情を感じることも、筋肉と一緒でトレーニングによって慣れていきます。

感動の名作などにたくさん触れていくことで、次第に心は感じ取る力を身に付けていきます。初めのうちは心が動かされることはないかもしれませんが、日課にしてみましょう。

(2)しっかりと休む

こちらも、どちらかと言うと共感力の低さに悩んでいる人向けの対処法です。

心も体も疲れている状態では、感情や気持ちを読み取る力も鈍ってしまいます。余裕がないと、相手の気持ちを理解するのは難しいですからね。

共感力を上げていくためには、しっかりと心と体に休息を与え、余裕を持てるようにしましょう!

(3)気持ちを紙に書き出す

共感力の高い人は、今感じている感情が自分の感情か? 相手の感情か? 分からなくなってしまうことがあります。

頭の中だけで考えても混乱してしまうので、紙に書き出して整理するようにしましょう! 整理して相手と自分の感情に境界線を引く練習をすれば、他人の感情や気持ちに影響されすぎることも減っていきます。

(4)「共感力を手放すアイテム」を持ち歩く

共感力が高い人は知らず知らずのうちに他人の感情に共感してしまいます。

意識を自分の方に戻すことで、共感してしまった感情を手放すことが出来ます。

そこでおすすめなのが、感情を手放す「好きなアイテム」を持っておくこと。

お気に入りのペンやキーホルダー、お守りなどに触ることで、共感して曖昧になってしまった自分の感覚を取り戻すスイッチにしましょう! 好きな音楽や匂いなども、自分の感覚を取り戻すアイテムとして効果があります。また、単純なアプリゲームやってみることもいいかもしれません。

心地良い共感力を身に付けよう

共感力は、「相手がどのように感じているか?」を意識してコミュニケーションするだけでも少しずつ身に付いていくもの。自分には共感力がないと思って、相手の気持ちを察することを諦めてしまったら、身に付くチャンスを逃してしまいます。

また、高すぎる共感力は、自分と相手の境界線を引くことでコントロール出来るようになっていきます。

相手の気持ちを理解するために共感力はありますが、それをうまく扱えるようになって自分にとっても心地良い人間関係を築いていきましょう!

(桑野量)

※画像はイメージです

※この記事は2021年03月31日に公開されたものです

桑野量(心理カウンセラー)

カウンセリングサービス所属、心理カウンセラー

電話、面談(東京・福岡)によるカウンセリング及び心理学ワークショップ講師をしている。「楽にシンプルに自分らしく生きる」をテーマに、現在抱えている問題や不安に対し、その人の魅力や才能が輝き出せるような提案やサポートを行う。恋愛やビジネスなどの問題に対して心理学的なアプローチだけではなく、リラックスした空間を作り出し、笑いあえる温かく優しいカウンセリングが好評である。

この著者の記事一覧 

SHARE