お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

共感力が高い人の特徴とは? ちょうどいい共感力の身に付け方

桑野量(心理カウンセラー)

共感力が高い人の特徴とは?

共感力の高さは、ポジティブにもネガティブにも働く複数の側面があります。

そんな共感力が高い人には、どのような特徴があるのでしょうか? さっそく見ていきましょう。

(1)テレビや映画を観て泣くことが多い

テレビや映画の感動シーンで、登場人物の気持ちに感情移入して涙を流すことが多いかもしれません。

敏感な人の場合は、さっきまで怒ったり笑ったりしていたのに、テレビから流れてくる感動シーンに意識を向けると急に涙してしまうこともあります。

それがフィクションだと分かっていても感情移入してしまうのは、共感力の高さゆえです。

(2)震災や事故などのニュースを見ることが出来ない

震災や事故などでつらい経験をしている人たちの気持ちに共感しすぎてしまうケースです。ニュースを見ていると自分の気持ちまで影響され、しんどくなってしまいます。

さまざまな情報が流れてくるとたくさん心が反応して疲れてしまうのです。当事者の気持ちに自分を重ね過ぎてしまう結果でしょう。

(3)人に好かれやすい

相手の気持ちを理解できるので、人に好かれることが多いです。自分ではそれが当たり前の感覚だと思っているので、なぜか周りの人に慕われているように思うかもしれません。

気持ちを深く理解できるので、周囲から愚痴や悩みを聞かされることも多いでしょう。

(4)相手のうそを見抜くことができる

他人の気持ちに共感できるので、相手が表面的にコミュニケーションしている内容と実際に抱いている感情や気持ちがズレていることに気付きやすいと言えます。

そのズレを違和感として察知し、相手がうそをついていることに対して敏感に反応できる部分もあります。

(5)人の感情に振り回される

相手の気持ちに共感しすぎて、イライラや不安などネガティブな感情の影響を受けてしまうことがあります。

自分の中に理由があるわけでもないのに、落ち込むことがあったり、ひどく疲れてしまったりするでしょう。

次ページ:高いor低い? あなたの共感力診断

SHARE