お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

嫌いな上司を確実に仕留める。ビジネス暗殺術

トイアンナ

職場に嫌いな上司がいる場合、どうしたらいいのでしょうか。無視するわけにもいかず、接し方には悩んでしまうものです。コラムニストのトイアンナさんに、嫌いな上司の特徴や対処法について教えてもらいました。

みなさーん! 上司はお嫌いですか?

このコラムを開いた時点で99%の読者は嫌いな上司がいるものとお察しします。

そして、周りに相談すると「辞めちゃえば?」「異動しなよ」とアドバイスされることうけあいですよね。ガッデム。

なぜ、仕事は好きなのに上司のためなんかに私が異動せねばならぬのじゃ。

そう思ったなら、私はあなたの味方です。

私は外資系企業で勤務していましたが、外資では「上司の排除」はよくあることです。

といっても、血で血を洗う戦場ではありません。むしろ、悪口を言い続けてストレスを溜めるくらいなら策を練って相手を辞めさせる! という、ドライで爽快な社風の企業が多いからです。

嫌われる上司の特徴ランキング

まずは、嫌われる上司の特徴を独断でランキング化してみました。

第1位 パワハラ・セクハラが激しい上司

パワハラ・セクハラは上司だけでなく、上司を処分しない会社ごと嫌いになりますよね。

パワハラ・セクハラが激しい企業にお勤めの方は、上司憎けりゃ社まで憎し。最終的に「会社を潰す」と意気込んで退職される方も多いです。

第2位 とにかく無能な上司

2位の「とにかく無能」は、業務へ下手に口を出し、しっちゃかめっちゃかにする上司です。

変に問題を起こすくらいなら、いっそオフィスの隅でソリティアやってくれーっ!! と、誰もが思っていることでしょう。

第3位 情緒不安定すぎる上司

そして3位は不機嫌を周囲にばらまいたり、泣いたり、キレる上司。

「情緒が小学校で止まってんのか?」と思いたくなりますね。おっと、これじゃ小学生に失礼か!

次ページ:嫌われる上司は、なんで気づかないの?

お役立ち情報[PR]