お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

毎日セックスしても大丈夫? 意外なメリット&デメリット4つ

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

毎日のようにセックスをしているカップルは仲が良い以外にどのような特徴があるのでしょうか? そもそも毎日しても良いのか、デメリットはないのかも気になりますよね。そこで産婦人科医・医学博士の宋美玄先生に話を伺ってみました。

ちまたではセックスレスが叫ばれることもあるなか、付き合い始めや一緒に住み始めて間もないカップルの中には、毎日のようにセックスをしている人たちもいるのでは?

「セックスの回数が多いのは仲が良い証拠」などといわれるものの、さすがに毎日となると、当の本人たちは「本当に大丈夫なの?」と心配になるかもしれません。

毎日セックスすることには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。また一般的なセックスの頻度はどれくらいなのでしょうか。もろもろ探ってみました。

毎日セックスするカップルの特徴

毎日セックスをするカップルには、どんな特徴があるのでしょう。考えられるものをいくつかあげてみました。

(1)性欲が強い

婦人科などに寄せられるセックスの悩み相談を聞くと、とくに男性側の性欲が強く、毎日のように求められているというカップルが少なくないようです。男性が毎日セックスを求めてくるので、それに応じながらも「毎日して大丈夫なのかな」と不安に感じる女性が、医師や専門家に相談するケースがあるのだとか。

性欲については、お互いのバランスがとれていればよいのですが、アンバランスな状態が続くと、片方がつらくなることがあるかもしれません。

(2)お互いが気持ちのいいことが好き

お互いにセックスに興味があり、気持ちのいいことが好きだから、セックスが毎日続いているというケースもあるでしょう。どんなことでも、義務のように毎日続けるのは難しいものです。毎日続いているのは、「気持ちいいことが好き」というお互いの気持ちが合致していることの現れかもしれません。

(3)体の相性が良い

お互いにそこまでセックスが好きだったわけではないのに、パートナーが自分の気持ちいい場所を刺激してくれたり、愛撫の強さがちょうどよかったりなど、いわゆる「体の相性が良い」場合、その快感を毎日でも味わいたいという気持ちが生まれて、ついセックスをしてしまうということもあるでしょう。

(4)付き合いたて、または同棲し始め

カップルの付き合い始めというのは、お互いに相手を求め合い、相手とのつながりを深める時期といえます。そのため、お互いを知る意味もあり、毎日相手を求めてしまうことがあるのでは。一緒に住み始めて間もないカップルにも、同じことがいえます。毎日しても、まだセックスが新鮮に感じられるほど、気持ちが高まっているのかもしれません。

(5)年齢が若い

お互いに年齢が若い場合、セックスへの興味が強く、体力もあるため、毎日したい気持ちになることがあるかもしれません。また年齢差のあるカップルの場合も、年齢の若いほうに引っ張られて、セックスの回数が増える可能性があります。

次ページ:毎日セックスしても大丈夫?

SHARE