お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

毎日セックスしても大丈夫? 意外なメリット&デメリット4つ

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

一般的なセックスの頻度

ところで世の20~30代女性は、一般的にどれくらいの頻度でセックスをしているのでしょうか。いくつかの調査から、一般的なセックスの頻度を見てみましょう。

20~30代女性の一般的なセックス頻度は「月に数回」

成人男女を対象としたセックスに関する大規模な調査『ジェクス ジャパン・セックスサーベイ2020』によると、日本の20代と30代男女の、1年以内のセックス回数でもっとも多かった頻度は、「月に2~3日」または「月に1日」でした[*1]。詳しい数値は以下の通りです。

男女別、「1年以内のおよそのセックス回数」で最も多く選ばれた選択肢

〈20代〉男性=月1日(19.5%)/女性=月2~3日(21.5%)
〈30代〉男性=月2~3日(23.8%)/女性=月2~3日(19.0%)

なお、なかには「毎日」と答えた人もいました。その割合は、以下の通りでした。

男女別、「過去1年間、毎日セックスした」と答えた人の割合

〈20代〉男性=3.6%/女性=0.2%
〈30代〉男性=2.2%/女性=0.4%

男女別に見ると、男性のほうが毎日セックスする人が多い傾向にあるようです。

日本のセックス頻度は世界でも突出して低い

ちなみに世界的に見ると、日本のセックスの頻度は突出して低いことがわかります。

少し古いデータですが、コンドームメーカーのDurex社が2005年に行った調査によると、日本の1年間のセックスの頻度は45回と、調査対象の41カ国中、最下位でした[*2]。最下位から2番目のシンガポールでも73回と、日本よりも約30回多いことを鑑みると、日本のセックス頻度の突出した低さがわかるのではないでしょうか。

なお、セックス頻度の1位はギリシャで138回でした。3日に1回以上はセックスをしている計算になります。

次ページ:毎日セックスすることのメリットとデメリット

SHARE