お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

処女の定義とは? 処女と非処女を見分けることはできる?

宋美玄(産婦人科医・医学博士)

「処女」の定義とは? とあらためて言われると何と答えていいのか戸惑いますよね。セックスをしたことがなければ処女? 初体験をしたときに血が出ていなければ? 今回は、産婦人科医・医学博士の宋美玄先生に「処女」の意味について伺ってみました。

セックスの経験がない女性のことを「処女」といいます。しかし、何をもって処女というのかと、あらためて尋ねられると、答えに戸惑う人は意外と多いのではないでしょうか。

指やセックストイを挿入した経験があっても、ペニスが入っていなければ処女? 初めてのセックスのとき、血が出なければ処女とはいえない? など、さまざまな処女の定義について調べてみましょう。

処女とは? 言葉の意味や語源

「処女(バージン、ヴァージン)」という言葉は、女性の性経験に対して使用するほかに、「処女航海」「処女作」のように、さまざまな言葉と組み合わせて「初めてする○○」といった意味で使われることもあります。まずは処女という言葉の正しい意味や語源を見てみましょう。

意味

辞書によると、処女の意味は以下のように紹介されています[*1]。

1 〔家に処(い)る女の意〕未婚の女性。男性と交わったことのない女性。きむすめ。おとめ。バージン。
2 他の漢語の上に付いて用いる。
ア.人が一度も手をつけていないこと。「――雪」
イ.初めての経験であること。「――演説」

「セックスの経験がない」ということから転じて、「誰のものでもない」「まだ成し遂げたことがない」ことを、処女という言葉で表すようになったようです。

語源

上記でも説明したように、処女とはそもそも「家にいる女性」という意味です。ここでいう家とは実家のこと。実家にいる=未婚=男性経験がないことが発端となっていると、語源辞典にも記されています[*2]。

次ページ:処女の医学的定義

SHARE