お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

友達以上恋人未満とは? 特徴と男女の心理・進展させる方法

ラブホの上野さん

友達以上恋人未満とは、どのような関係を指すのでしょうか。コラムニスト・ラブホの上野さんから、あいまいでもどかしい関係性について詳しく解説してもらいました。併せて、友達以上恋人未満の関係にある相手との仲を進展させるためのとっておきのコツも紹介します!

空き缶は真上からだと円に見えますが、真横からだと長方形に見えます。

このように物事は見方によって、その見え方が異なることもあるもので御座いますが、「友達以上恋人未満」という関係も、人によってその捉え方が全く異なるものでしょう。

しかし人間は「自分から見える世界が全て」だと誤解しやすい生き物で御座います。この誤解は「友達以上恋人未満」の話にも関係してくるのは間違いありません。

友達以上恋人未満とはいったいどのような関係性を意味するのでしょうか。

友達以上恋人未満とは

「友達以上恋人未満」とは、具体的にどのような関係性を指すものなのか、まずは言葉の意味を振り返っていきましょう。

「友達以上恋人未満」の本当の意味

「友達以上恋人未満」という関係を一言でいえば「どちらかの片思い」と言わざるを得ません。

まず、AくんとBさんがいたとして、2人が2人とも「私たちは友達以上恋人未満だよね」なんて言っていることはあまりないのです。

女性が「彼とは友達以上恋人未満なんだよね」と言っている時、相手の男性も同じように思っていることはほとんどないでしょう。この場合、男性は「彼女はとても良い女友達だよ」程度にしか考えておらず、友達以上の関係とは思っていないことが多いです。

これは男女を逆にしても全く同じことがいえます。

そもそも「友達以上恋人未満」、どう考えても実際の関係性は「友達」で御座います。「1以上2未満の数字」は「1」であるように、「友達以上恋人未満」という関係はどう考えても「友達」でしかありません。

それなのに「友達以上恋人未満」と考えてしまうのは、そう考えている人が「恋人」という関係になりたいからでしょう。

もしも相手と友達のままで良いのであれば「友達以上恋人未満」なんて思ったり悩んだりは致しません。相手との関係を恋人へと発展させたいからこそ、今の状況に悩み、不満を抱いてしまうので御座います。

まとめると「友達以上恋人未満」と思っている側の方は相手と恋人になりたいと考えているものの、相手は別に恋人になりたいとは思っていない可能性が高い。つまり「友達以上恋人未満」という関係は「片思い」なことが多いでしょう。

まれに「両片思い」というケースがある

ただし、まれにお互いが「友達以上恋人未満」だと思っていて、恋人になりたいと考えている場合があります。

お互い「相手と恋人になりたい」と思っているものの、お互いが「とはいえ相手はそう思っていないだろう」と思い込んでいる状態。この関係性を「両片思い」と呼びます。

少年漫画や少女漫画のラブストーリーではよく見る関係で御座いますが、こういったケースもまれに存在するのは間違いありません。

参考記事はこちら▼

両片思いあるあるに当てはまるものがあるか、相手との関係性を照らし合わせてみましょう。

その関係性は友達or恋人? 診断でチェック

「友達以上恋人未満」な今の関係性は、果たして本当にあなたの片思いなのか、それともお互いに恋人になりたいと考えているのでしょうか。

迷った時は、診断でチェックしてみるのがおすすめです。

参考記事はこちら▼

2人が恋人になれる可能性はどのくらい? 10の質問で診断します。

友達以上恋人未満な男女の特徴

友達以上恋人未満の関係性は、ほとんどの場合「どちらかの片思い」。つまり、今この記事を読んでいるあなたの片思いである可能性が高いのです。

とはいえ、2人で一緒に過ごす時にまるで恋人のような空気感があるなど、相手も自分のことを友達以上の存在だと思っている気配を感じることもあるのでは?

ここからはマイナビウーマン編集部が、友達以上恋人未満な男女の特徴を紹介します。

(1)2人きりで出かけることが多い

2人の関係性が単なる「友達」ならば、共通の友達も交えて何人かで遊ぶ機会も多いもの。

共通の友達はいるけれど2人きりで出かけることが多い場合、それは友達以上恋人未満な関係性と言えます。

参考記事はこちら▼

友達をデートに誘う男性の本音を、ラブホの上野さんが解説します。

(2)「デート」という言葉を使う

一般的に、「デート」という言葉を使うのは相手を恋人として認識している場合。

まれにSNSなどで誰かと出かけることを「デート」と言うケースもありますが、ほとんどの場合は、相手への恋愛感情がある証拠と言えます。

2人きりで出かけることが多いかつ、それをデートと表現するならば、はたから見れば2人の関係性は恋人同士のように見えるでしょう。

参考記事はこちら▼

そのお出かけがデートなのかどうか、専門家が判断ポイントを紹介します。

(3)用事がなくても連絡が続く

好意がある相手とはなるべくつながっていたいと思うもの。

特に用事があるわけでもないのに、「今なにしてるの?」なんてLINEがほぼ毎日続くのは、ただ単に仲が良いからというわけではないのでは?

特に男性の場合は、マメな性格でない場合はLINEでダラダラと会話を続けることに苦手意識がある人も多いといわれます。内容がないLINEが続くのは、友達以上の存在になりたいという気持ちの表れかもしれません。

参考記事はこちら▼

男友達とのLINEでチェックしたい、脈ありサインを紹介しています。

 

参考記事はこちら▼

男友達の脈ありサインを、恋愛コラムニストのさかもとみきさんが解説しています。

(4)2人でいる時の距離が近い

2人で並んで歩く時や、話をする時に距離が近いのは、お互いに好意がある証しと言えます。

人には誰にでもパーソナルスペースがあります。それを越えられるのは、恋人の特権。お互いに距離が近くても不快感がない場合、その関係性は友達以上だと言えるでしょう。

参考記事はこちら▼

距離が近い男性はあなたに好意を持っているのでしょうか。気になる疑問にお答えします。

(5)スキンシップがあるか

手をつなぐ、キスをする、体の関係を持つ……など、何かしらのスキンシップがある場合、一般的に見るとその関係性は「友達」の域を超えています。

そこまで関係性が発展しているのなら、お互いに今後の付き合い方をどうするべきか悩んでいるはず。

参考記事はこちら▼

男友達がボディタッチをしてくるのにはどんな心理があるのでしょうか? 心理コーディネーターが解説します。

(6)嫉妬をする・されることがある

相手が他の人と仲良くしている時に嫉妬をすることはありますか? 単なる友達だと思っている相手なら、誰とどんなふうに付き合っていても気にならないはず。

相手が嫉妬しているのを感じたり、嫉妬しているという気持ちを伝えてきたりする場合、2人の関係はもう友達以上なのかもしれません。

参考記事はこちら▼

代表的な脈あり・脈なしサインの例を、恋愛コラムニストのTETUYAさんが男性目線で解説します。

▶次のページでは、友達以上恋人未満なのに告白してこない相手の心理を見ていきます。

次のページを読む

SHARE