お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

何をしても寂しい。満たされない心が起こす問題と2つの心理的原因

服部希美(心理カウンセラー)

心を満たすための5つの方法

それではカウンセリングの現場でもよくご紹介する「心を満たす方法」を5つご紹介します。今すぐできることばかりなので、参考にしてください。

(1)セルフハグ

人を優先させる癖や自己否定が強い方は「セルフハグ」がおすすめ。自分をそっと抱きしめてあげましょう。

心がフッと軽くなったら終了です。毎晩、寝る前にやると効果的ですよ。

(2)心の内を話せる場所を作る

信頼できる友人やカウンセリングなど、飾らない自分で話ができる場所を作りましょう

最大のポイントは、一点集中にしないこと。抑圧してきた要求を1人だけに向けてしまうと、相手が受け止めきれなくなります。

心が満たされてくると要求はかならず落ち着いてきますから、それまでは話す相手を分散させていきましょう。

(3)カレンダーに花丸を書く

毎日、朝起きたときにカレンダーの日付の欄に花丸を書いてみましょう。

夏休みのラジオ体操の出席カードのように「今日もちゃんと起きられたね! えらい!」という自己承認の意味合いで花丸を書いてみるのです。

1カ月も続けると、カレンダーがとても賑やかになると共に、心も満たされていくでしょう。好きな色のペンを使って、楽しんで書いてみてくださいね。

(4)お世話になった人に感謝の手紙を書いてみる

友人・先生・先輩・ご近所のおじさんなど、かつてお世話になったと思う人に感謝の手紙を書いてみましょう。

これは心を開き、自分の感情を素直に出すための 練習です。手紙を渡すことが目的ではないため、もう連絡が取れない人でもOKです。思う存分、書いてみてくださいね。

(5)かつて好きだった物に触れる

子どもの頃に好きだった駄菓子を食べてみる、カラオケで懐かしい曲を歌ってみるなど、昔好きだった物に触れてみましょう。

かつて好きだった物を思い出すことで、切り離してしまった感情を取り戻すことができるようになりますよ。

■100%心が満たされることは難しい

心を全て満たす、ということはとても難しいことです。

なぜなら、私たちの欲求はどこまでも尽きることはありませんし、お互いに満たされていない部分があるからこそ、互いに支え合う喜びを得ることができるのです。

満たされない心と上手に付き合いながら、みんなで支え合っていきましょう。

(服部希美)

※画像はイメージです。

※この記事は2020年04月24日に公開されたものです

服部希美(心理カウンセラー) (心理カウンセラー)

カウンセリングサービス所属、心理カウンセラー。
名古屋・東京・オンラインにて、対面カウンセリング及び心理ワークショップ講師をしている。
理論だけではなく”心のつながり”も大切にするカウンセリングが好評。「寂しさを笑顔に変えるカウンセリング」をテーマに掲げ、30代女性の恋愛・生き方・自己表現などに関するご相談を得意とする。母校のカウンセラー養成スクールにて講師を務める実力派。
服部希美のブログ
https://www.hattori-nozomi.jp

この著者の記事一覧 

SHARE