お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

何をしても寂しい。満たされない心が起こす問題と2つの心理的原因

服部希美(心理カウンセラー)

何をしていても、誰と会っていてもなぜか寂しい。心に穴が空いたような気持ちを味わったことはありませんか? 心理カウンセラーの服部希美さんは、それは「満たされない心」が原因だといいます。なぜ心は満たされないのでしょうか? 心が満たされるにはどうすればいいのでしょうか? お話を詳しく伺ってみました。

積極的に人と関わったり趣味や自分磨きを楽しんだり、仕事を頑張っているのに、ちっとも幸福感や充実感を感じられない。

何をやっていても、誰といても、なぜか寂しさを感じてしまう。

色々なことがうまくいかず、いつもモヤモヤした気持ちが晴れない。

そんな悩みの原因は「満たされない心」にあるのかもしれません。

今日は、満たされない心の原因と心理、そして心を満たして幸せを手に入れる方法をお伝えします。

この記事が、毎日頑張るあなたのお役に立てれば幸いです。

心が満たされない心理状況とは

私たちの心が満たされないとき、こんな心理状況に陥りやすいといわれています。

(1)誰かと一緒にいても、どこか寂しい気持ちになる

楽しいはずの飲み会やデートの最中なのに、ふと寂しさを感じてしまったりします。みんながワイワイ盛り上がっている場面で、一人だけ冷静になってしまうことも。

(2)理由のない気分の浮き沈みが激しい

それなりにうまくいっているはずなのに、なぜか気持ちが不安定になりがちだったり、理由のない不安を感じてしまうことが増えたりします。

(3)欲しい物を手に入れても満たされない

どれだけ欲しい物を手に入れても満足感を得られないため、焦りと欲求ばかりが強くなってしまい、クレクレちゃんになってしまうことも……。

(4)やる気が湧いてこない

やらなきゃいけないことが山積みになっているのに、やる気がなかなか湧いてこなかったりします。

(5)好きなこと、やりたいことが分からない

何が好きで、何がやりたいか、自分の感情が分からなくなることも。毎日が味気なく、淡々と過ぎていくように感じることも多いようです。

次ページ:心が満たされないことで起こる5つの問題

SHARE