お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「一人になりたい時」の女性心理。おすすめの場所とストレス発散法

E子

人と一緒にいることに疲れて、一人になりたい時。どこで何をすれば、ストレスを発散できるのでしょうか? 30代独身ライターのE子さんが「一人になりたい時」の女性心理と、おすすめのストレス発散方法を教えます。

何だか分からないけど心が晴れない。いつも疲れ果てている。

そんな現代人のストレスの原因は、ほとんどが人間関係によるものだ。

周囲の人に振り回されたり、他人の目を気にして行動を制限してしまったり。気付かぬうちに負荷がかかっている。実はあなたは、「一人になりたい」と感じているのかもしれない。

「一人になりたい時」の女性心理3つ

一人になりたいというのは、どのような心理だろうか。一人になりたい理由は、以下の3つだと考えられる。

(1)人間関係に悩んでいる

友人関係にしろ、職場での人間関係にしろ、考えが合わない人というのは存在するもの。

とはいえ、もろもろの社会的事情などにより、露骨に避けるわけにもいかない。悩んでも仕方がないのだが、特定の人と会う度にストレスを感じてしまう……という状態だ。

(2)人と会いすぎている

仲の良い人であっても、ずっと一緒にいると疲れてしまうこともある。友人でも彼氏でもそう。

これは特に仲が良すぎる場合に散見されるのだが、距離感を見失って常にべったり張り付いていると、ふと、一人になりたくもなってしまうもの。

相手の大切さを認識するためにも、一人の時間も必要なのだ。

(3)自分と向き合う時間が足りていない

日々、忙しく出かけ、通勤中はスマホを見て、家に帰ればドラマや映画を見て……。常に「何かをしている」状態を続けていると、「自分のための時間」が確保できない。

皆さんも経験があると思うが、何もせずただ歩いている時などに思考がはかどり、日々の悩み事の解決策が見つかったりする。

つまり、「何もしない」時間は自分の脳内整理のために必要不可欠なのだ。意識して、自分と向き合う時間を取らないと、頭も心も疲れてしまう。

次ページ:一人になりたい時におすすめの場所3つ

SHARE