お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【心理学で解決】休み明けの憂鬱を簡単になくす方法

小日向るり子

日曜日、いや土曜日の時点で「休み明け、会社行きたくない……」と思っている人いませんか? 今回は、心理カウンセラーの小日向るり子さんに、休み明けの憂鬱な気持ちの対処法を教えてもらいます。

日曜日の夕方になると憂鬱感に襲われる……。このような気持ちは多くの人が抱いたことがあるのではないでしょうか。

今回はその心理を掘り下げ、憂鬱感が少し楽になる方法や考え方をご紹介していきたいと思います。

休み明けの会社が憂鬱だと感じる人の特徴

皆が皆、休み明けが憂鬱だと感じるかといわれると、もちろんそんなことはありません。休み明けの会社が憂鬱だと感じる心理には原因があるのです。

(1)仕事に関連したストレッサーがある

「ストレッサー」とは、ストレスをかける物事や人物のことです。

休み明けに困難な交渉がある、苦手な発表を控えている、自分につらくあたる同僚がいる、など明確なストレッサーがある場合、それから逃げたいという心理が憂鬱感につながります

(2)仕事にやりがいを感じられない

仕事には向き不向きがあります。困難でもやりがいを持って仕事に取り組みたいと考える人の場合、自分の能力や意欲を活かせない業務ばかりでは、会社に行く意味を見つけにくくモチベーションが上がりません。

仕事に行くのが嫌というよりは、意味を見出せないという虚無感に似た感覚です。

(3)業務がキャパシティを超えている

逆に、仕事の業務量や求められる技術が自分のキャパシティを大きく超えている場合もモチベーションが上がりません。

また、キャパシティを超えている仕事を強制され続けると脳が疲弊してきますので、鬱々とした気持ちも生まれやすくなります。

(4)お金を稼ぐ目的がない

なぜ仕事をするのか? と問われると多くの方が「生活のため」と回答するでしょう。

しかし生命維持だけのための労働は、モチベーションにはなりにくいのです。

趣味を楽しむため、何かを達成する資金を貯めるため、など目的があってこそ働こうという能動的な気持ちになるのです。

(5)休日に予定を詰め込み過ぎている

休日にリフレッシュするのはもちろん良いことです。しかし、趣味に熱中し過ぎたり、遊びの予定を目いっぱい入れたりしてしまうと身体は疲れます

思い切り遊んだり趣味に集中したりしているときは、脳からアドレナリンが出ているので身体の疲れを比較的感じないのです。しかし、家に帰ると一気に身体の疲れを自覚し、「明日の仕事だるいな……」という気持ちになってしまいます。

次ページ:休み明けの仕事が憂鬱だと感じたときの対処法

SHARE