お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 エクササイズ

朝ヨガの効果とは? 朝にぴったりのヨガポーズ5選【ヨガの基本】

村上華子(ヨガインストラクター)

寝姿勢で固まった体をほぐす効果のある「朝ヨガ」。朝にぴったりのポーズ5選を、インストラクターの村上華子さんが解説します。ベッドの中で寝たままできるポーズや呼吸法など、初心者でも楽しめるヨガをぜひ試してみて。

「ヨガをするのにオススメの時間はありますか?」という質問をよくいただきます。

もちろん、どの時間もよいのですが……、実は、ヨガでは日の出直前の時間帯を「ブラフマフルタ」と呼び、最も神聖であり、心が静かになるひとときとされています。

ヨガや瞑想を行い、自分と向き合えるリセットタイムとして最適なこの時間帯。とはいえ、日の出の直前に起きるなんて、日々忙しく働く女性たちにはなかなか難しい挑戦だと思います。

もちろん、そこまでしなくても健康は作れます。

いつもより15分早く起きて、ヨガを通して気持ちのいい1日のスタートを切るのはいかがでしょうか? お天気の良い日はカーテンや窓を開けて、新鮮な朝の空気の中で大きく心と体を動かしてみてください。朝ヨガから得られるメリットはたくさんあります。

朝ヨガの効果とは?

朝のヨガには以下のような効果があるといわれています。

(1)寝姿勢で固くなった背中や腰をほぐす

長い時間同じ姿勢で寝ていると、体はコリます。

特に背中や腰といった大きな筋肉がこわばりやすいので、体をスムーズに動かすため、ヨガでじっくりとほぐしていくのがオススメです。

朝起きるのが苦手な人は、ベッドの中でまどろむように、のちほど紹介する背中や腰をほぐすポーズを行うのも良いでしょう。

(2)気血を巡らせて、モチベーションアップ!

ヨガの哲学では、背骨に沿って主要なエネルギーの通り道があるとされています。呼吸を深め、背中に刺激を与えることで、やる気、元気、根気、の源になる「気」を全身に巡らせられると考えられています。

また、リンパの多く集まる鼠蹊部や脇を伸ばすヨガのポーズは、血流を良くする効果も!

(3)“ウィンターブルー”を乗り越える

寒い季節は日照時間が短くなることも手伝い、体内リズムが乱れやすくなり、ウィンターブルーと呼ばれる憂うつな気持ちに悩まされることも。

朝の太陽を浴び、呼吸を意識しながら体を動かすことで、体内リズムがリセットされて、体も心も爽快に変化します!

次ページ:朝にオススメのヨガポーズ5選

お役立ち情報[PR]