お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ソロモンの環・太陽環・金星環……7つの「環紋」とは【手相占い】

手相占い

紅たき(占い師・コラムニスト)

「金星環(金星帯)」の意味と見方

金星環とは、どのような線なのでしょうか。くわしく見ていきましょう。

金星環(金星帯)とは。意味と位置

金星環(金星帯)とは。意味と位置

金星帯は、人差し指と中指の間から薬指と小指の間に半円を描く線です。感受性、美的センス、色気、官能的な魅力、恋愛運などが読み取れる相です。

金星環の見方

では、金星環のパターン別にその意味を見ていきましょう。

右手の金星環「情熱的な恋をする」

金星環が右手に現れている場合、努力して感受性、美的センス、色気、官能的な魅力を身に着けたことを示します。情熱的な恋愛をこれからするはずです。

左手の金星環「恋愛経験豊富」

金星環が左手に現れている場合、生まれつき、感受性、美的センス、色気、官能的な魅力を持ち合わせていることになります。情熱的な恋愛をしてきたはずです。

両手の金星環「モテる」

金星環が両手にある場合、もともと魅力的ですが、現在も魅力が輝き続けているので、異性にとてもモテます。相手のほうから、告白されることが多いでしょう。

金星環が二重「恋人が途切れない」

金星環が二重「恋人が途切れない」

金星環が2本の場合は、生涯恋人が途切れることはありません。金星環の中でも、色気や感応度が一番高いことになります。

モテすぎるので、異性関係にだらしなくなる場合もありますが、恋愛を生涯に渡って謳歌するでしょう。

次ページ:「太陽環」の意味と見方

SHARE