お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ソロモンの環・太陽環・金星環……7つの「環紋」とは【手相占い】

手相占い

紅たき(占い師・コラムニスト)

「ソロモンの環」の意味と見方

では最初に、「ソロモンの環」についてくわしく見ていきましょう。

ソロモンの環とは。意味と位置

「ソロモンの環」の意味と見方

「ソロモンの環」は、人差し指の付け根の部分にある線で、人差し指を囲むように環になっています。

第六感や霊感のある人、カリスマ性のある人が持っていることが多い相だといわれています。また、この相がある人は強運の持ち主です。

ソロモンの環の見方

「ソロモンの環」が左手、右手、あるいは両方に出ている場合では意味が違ってきます。また二重になっている場合も。それぞれくわしく解説していきましょう。

右手のソロモンの環「リーダータイプ」

右手にソロモンの環がある人は、努力して直感や野心を持ちはじめたといえます。社会的な地位を得ることができ、これから成功を収めることができるでしょう。

左手のソロモンの環「頭がいい」

左手にソロモンの環がある人は、生まれつきとても頭のいい人です。素早く正確に物事を判断できます。また、スピリチュアルな分野で成功しやすい資質を持っています。

両手のソロモンの環「若くして成功する」

両手にソロモンの環がある場合は、生まれながらに直感に優れ、知力や指導力があり、その上自らの力で獲得したカリスマ性を持っています。若いうちから世に認められていくでしょう。

ソロモンの環が二重「どんな望みも叶う」

ソロモンの環が二重「どんな望みも叶う」

ソロモンの環が二重にある場合は、一重のときよりも意味合いが強まります。直感や閃きが格段にさえ、より一層成功しやすく、望みが叶いやすいのです。

次ページ:「金星環(金星帯)」の意味と見方

SHARE