お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

妊娠がわかる? 子宝線を見る方法【手相占い】

手相占い

紅たき(占い師・コラムニスト)

子宝運がアップする手相の書き方

子宝に関連する線がない人も、安心してください。自分で子宝運をアップさせることができます。

では、その書き方を説明していきましょう。

書く効果はあるのか?

手相を書くという行為は、ある種の自己暗示的な面がありますが、妊娠は精神的な要素もあるので、効果は出やすいかもしれません。

子宝運をアップさせる手相の書き方

赤ペンで「子宝線」を書く

赤ペンで「子宝線」を書く

子宝運を上げるには、何といっても「子宝線」を書くのが一番。

感情線に子宝線を赤の水性ペンで書き入れてください。

水性ペンは消えやすいですが、何度も叶えたい手相を書き足すことで気持ちが強まり、効果が表れるとされます。

妊娠したい年齢の位置に結婚線を描き支線をつける

妊娠したい年齢の位置に結婚線を描き支線をつける

まず、あなたが妊娠出産したい年齢を決めます。

そして、結婚線を上述の「手相による妊娠しやすい年齢の見方」を参考にその年齢の位置に書きます。

既にその位置に結婚線があるなら、その線を使いましょう。そこに支線を書き加えるのです。

この線も赤の水性ペンで描いてください。

金星丘にファンデーションなどでツヤをつける

金星丘にファンデーションなどでツヤをつける

金星丘にファンデーションやフェイスパウダーをつけて、ツヤを出しましょう。

これで、身体的にタフになり妊娠しやすくなる可能性が上がります。効果が持続するように、手を洗うたびに塗り直すことをおすすめします。

妊娠線を味方につけて子宝を得る!

今回は、妊娠に影響力を持つ相をいくつか紹介させていただきました。

これらの相からは、妊娠する時期、生まれる子どもの人数などを知ることができます。

ただ、手相はあくまでも妊娠しやすさや、その兆しを知るひとつの目安です。手相に縛られすぎると、焦りや不安が出てくることもあるでしょう。あくまで参考にする程度にしておいたほうがいいと思います。

ただ、妊娠は精神的な要素も大きいといわれたりもするので、子宝に恵まれる相があると安心できるかもしれません。

気持ちを楽にして、子宝に恵まれるはずと信じられる効果は期待できますよ。

(紅たき)

※写真はイメージです

SHARE