お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 エクササイズ

ヨガの服装の基本とは? シーン別おすすめコーデ【初心者必見】

村上華子(ヨガインストラクター)

ヨガの服装の基本とは? 常温、ホットヨガなどシーン別に最適アイテムも変わるもの。初心者にもおすすめしたい実用的でおしゃれなコーディネートをヨガインストラクターの村上華子さんが紹介します。

はじめて行くヨガスタジオは、わからないことだらけで不安がつきもの。なかでも「ヨガをするときに何を着ればいいの?」というお悩みは多く聞こえてきます。

よくスタジオの説明書きなどに「動きやすい服」と書かれてはいるけれど……。ヨガにおける動きやすい服とは、具体的にどんなデザインなのでしょうか。

それにおしゃれはしたいけれど、まわりから浮くのは嫌!

今回は、ヨガスタジオで気後れしない服装や、ヨガウェアのいろはをインストラクターの視点からお届けます。

初心者向けヨガの基本服装

初心者向け! ヨガの服装の基本

ヨガのレッスンにはバラエティーに富んだ内容がありますが、それに合わせて、どんなものをチョイスすればよいのでしょうか。

まずは“これさえ持っていれば大丈夫!”という、基本アイテムからご紹介します。

ヨガの服装基本アイテム

ブラトップやスポーツブラ

体の動きに集中しながら、ストレスなくヨガを行うためには、適度に体にフィットしつつ締めつけすぎない下着を選びたいもの。

特にワイヤーなどが入った補正下着は、ツイスト系のポーズ(体をねじるポーズ)や呼吸法を実践するときに、心地よさを妨げることもあります。

ストレッチ素材のブラトップやスポーツブラ、またはブラカップつきのキャミソールがオススメです。

レギンスやヨガパンツ

ヨガでは「あぐらの姿勢」がよく登場します。これを行う際、伸縮性が少ないパンツはヒザまわりや太もものツッパリ感が気になりリラックスできません。

また、脚を開いたり、屈曲したりするときに、股関節のまわりに布地が重なるようなデザインも動きの妨げに。

装飾のないシンプルなデザインで、ストレッチのよく効いたレギンスやヨガパンツが快適です。

Tシャツや重ね着用のトップス

ヨガのクラスの多くは、前半にじんわりと汗をかくようなダイナミックな動きのポーズを行い、後半に向かって静かで瞑想的なリラックスタイムに入っていく構成をしています。

クラスの最中、適切な温度調節を行うためにも、ブラトップやキャミソールの上に、脱ぎ着できるTシャツやトップスを重ねていると便利!

ハンドタオル

汗を拭く目的はもちろん、仰向けになって寝転ぶ「シャバアーサナ(ヨガの休息)」の際、アイピロー(アイマスク)代わりにも使えるハンドタオル。

また、ヨガグッズの準備がない場所でヨガを行うときにも有効! たとえば、つま先にタオルをかけて前屈ポーズの補助ができるなど、ヨガポーズをとる際にも役立つ便利で優秀なアイテムです。

次ページ:ヨガのシーン別コーディネート

お役立ち情報[PR]