お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 エクササイズ

ヨガの服装の基本とは? シーン別おすすめコーデ【初心者必見】

村上華子(ヨガインストラクター)

ヨガの服装の基本とは? 常温、ホットヨガなどシーン別に最適アイテムも変わるもの。初心者にもおすすめしたい実用的でおしゃれなコーディネートをヨガインストラクターの村上華子さんが紹介します。

ヨガのシーン別コーディネート

ここからは想定されるシーン別に、オススメのコーディネートをいくつかピックアップ。ヨガの目的やレッスンに合わせて、とっておきのコーディネートを選んでみてくださいね。

シーン1:アクティブな動きのヨガ

ヨガの服装(レギンスタイプ)

呼吸のリズムで動いていくスタイルのヨガや、アドバンスポーズ(難しいポーズ)を行うときは、スポーツブラ×レギンスの組み合わせがオススメ。

裾がめくれず、ひらひらしないタイトなシルエットは、足さばきを軽やかに、集中を深めてくれます。

トレンドはくすみが効いたニュアンスカラーのウェア。また、明るい気持ちでさまざまなポーズにチャレンジしたいときは派手な柄物を選ぶのもOK! 気分に合わせてウェアのデザインを決めれば、ヨガの楽しみ方が広がります。

シーン2:リラックス系のヨガ

ヨガの服装(リラックスタイプ)

身も心もリラックスしたいときは、締めつけのないゆったりしたシルエットのコーデを選びたい。そんなときは体にそこまでフィットしないヨガパンツをチョイスして。

とはいえ、だらしなく見えないように、色や柄選びはトレンドのものを選ぶと洗練された印象になります。流行は先ほども紹介したニュアンスカラー。さらに柄は、かわいい花柄やボタニカル柄が旬!

スタイリッシュなレギンスに挑戦したいけれど、腰まわりや太ももの体型露出に抵抗がある人も安心してヨガができるスタイルです。

シーン3:逆転系のポーズ

ヨガの服装(オールインワンタイプ)

「逆立ち」や「肩立ちのポーズ」など、ヨガには逆転系といわれるポーズがたくさん。これらのポーズがたくさん出てくるレッスンでは、おなかがめくれて胸まで露出……なんてことにならないように、オールインワンのウェアを選ぶといいでしょう。

「まわりと同じじゃ嫌!」という女性にぜひ選んでもらいたい、かわいくて便利なアイテムです。

シーン4:ホットヨガ

ヨガの服装(ホットヨガタイプ)

湿度の高いホットヨガのクラスや、海や湖でパドルボードに乗って行うサップヨガなどのシーンはショートパンツスタイルで。速乾性の素材やUV加工といった優秀な機能を選ぶと快適にヨガが楽しめます。

脚の露出に抵抗がある人はショートパンツの下にレギンスを重ねてもキュート!

その他のポイント

このほか、+αでコーデにプラスするといいアイテムを紹介します。

足元の冷え対策にレッグウォーマー

ヨガに使えるレッグウォーマー

エアコン対策に靴下を履きたいけれど、マットやラグから足がすべる……。

そんなときは、足の裏に滑り止めがついたヨガソックスや、かかとやつま先が隠れないレッグウォーマーを加えると◎

休息時やスタジオの行き帰りには羽織物を!

ウェアのほかに羽織物を1枚用意しておくのもオススメです。

ヨガのクラスを締めくくる至福の休息「シャバアーサナ(ヨガの休息)」で肩が冷えないように使ったり、スタジオの行き帰りに、ヨガウェアの上にさっと羽織ったりしましょう。

次ページ:ヨガウェアの選び方とポイント

お役立ち情報[PR]