お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

疲れた、楽しくない。何もやる気が起きない休日の過ごし方

平井妙子

仕事は毎日ちゃんと行っているけれど、いざ休みの日になると何もやる気が起きない。そんな経験はありませんか? せっかくの休みなのに疲れた状態のまま、気づけば部屋でゴロゴロしているだけ。そんな過ごし方では切ないですよね。そもそも、休日に何もやる気が起きないのは、何が原因なのでしょう。対処法とあわせて、メンタルチェンジトレーナーの平井妙子さんに聞きました。

休みの日にやる気が起きない理由

せっかくの休日、ダラダラするだけなんてもったいない。と思いつつ、体が動かない……。そこで、やる気が起きない理由を教えてもらいました。

休みの日にやる気が起きない理由とは

「休みの日になると動けない」、「ずっと寝ている」、「誰とも会いたくない」こうした問題を抱える人は、実は少なくありません。やる気が起きなくなるときは、エネルギーが枯渇状態になっていることが多いです。例えるなら、携帯電話の充電。しっかり充電できているときが100%、やる気も十分です。何もやる気が起きないときは充電が0%になっていると考えるとわかりやすいでしょう。そこで、エネルギーが枯渇してしまう原因について解説します。

身体的要因

長時間業務による過労、ハードな肉体労働、体力キャパシティを超える労働、体調不良、不眠、食欲低下などから起こる身体的エネルギーの消耗などによるものです。

精神的要因

仕事に対する不安や悩み、人間関係や環境のストレス、家族間の問題など、連続した日々の中で精神的負担によるエネルギーの消耗などによるものです。

両方の要因が重なることで、エネルギーを猛烈に消費し、休みの日の気力や体力はゼロ。やる気など起きません。特に、真面目で一生懸命がんばりすぎる人、責任感の強い人、ひとりで悩みを抱えすぎる人、誰にも相談できない人、他人に弱みを見せたくない人、プライドの高い人などはエネルギー消費が高く、枯渇しやすいと言えます。

次ページ:やる気が起きない人の共通点

お役立ち情報[PR]