お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

仕事のやる気が出ない! 原因とやる気スイッチの押し方

笹氣健治(心理カウンセラー)

仕事のやる気が出ない理由とは? 心理カウンセラーの笹氣健治さんがその原因を分析。やる気を出す方法や、モチベーション維持のコツを解説します。

仕事をやらなきゃいけないのに、やる気が出ない。取りかかろうとしても、体が重く、億劫に感じる。「面倒くさいな~」「やりたくないな~」という気分になる……。

そういった状態でやる仕事は苦痛でしかありませんし、効率も悪くなり、ストレスもたまります。このように、仕事に対して「やる気が出ない」と感じたことがある人は多いはず。

どうすれば「仕事のやる気スイッチ」を押すことができるのでしょうか? 今回は「やる気が出ないときの対処法」について、心理カウンセラーの視点から説明していきます。

85.4%が「やる気が出ない」と感じた経験あり

彼氏 ボディタッチ

やる気には波があります。

誰にだって、やる気満々で仕事に取り組めるときもあれば、面倒な気持ちや気だるさが先行して、仕事に取りかかれなくなってしまう瞬間もあるでしょう

Q.仕事のやる気が出ないと感じたことはありますか?

Q.仕事のやる気が出ないと感じたことはありますか?
ある(85.4%)
ない(14.6%)
※有効回答数390件

アンケート結果では、85%もの人が「やる気が出ないと感じたことがある」と答えています。つまり、今あなたが抱いているのは当然の感情だということです。

やる気が出ないのは「しっかりやろう」とするから

本当に強い人

仕事に対してのやる気が出ないと感じたことがある人は、「仕事をしっかりやろう」という責任感が強い傾向にあります。あるいは、「いい成果を出したい」と常に一生懸命がんばっている人でしょう。

そういった前向きな気持ちがある人ほど、ふとしたきっかけで突然やる気が起きなくなってしまうことがあるのです。

もともとやる気がある人が、何かのきっかけでやる気を失っているのであれば、その原因に合った対策を実行していくことで必ずやる気は復活します。

その原因と対策について、これから一緒に確認していきましょう。

次ページ:やる気が起きない原因とは?

お役立ち情報[PR]