お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

【医師監修】お酒に強くなる方法~「鍛えれば強くなる」って本当?~

古川真依子

01

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなったり、酔っ払ってしまう人っていますよね。お酒に弱い女性が強くなるためには、どうすればいいのでしょうか。お酒に弱い人と強い人の違いや、お酒に強くなる方法について、消化器内科医の古川真依子先生に教えていただきました。また、お酒に弱い人は「たくさん飲んで鍛えれば強くなる」と言われたりしますが、それは本当なのかどうかについても聞いてみました。

■お酒に弱い人と強い人の体質

02

お酒に強いかどうかは、いったい何で決まるのでしょうか。お酒に弱い人と強い人の違いや、自分のお酒の強さを知る方法について教えていただきました。

◇お酒の強さは何で決まる?

古川:お酒の主成分は「エタノール」で、一般的に「アルコール」と呼ばれているものはエタノールを示しています。体内に摂り込まれたアルコールは、肝臓で「アルコール脱水素酵素(ADH)」によって「アセトアルデヒド」に分解されます。その後、アセトアルデヒドは「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」によって代謝されて酢酸となり、最終的に二酸化炭素水となって排出されます。

☆アルコール分解の仕組み

①アルコールを摂取
②肝臓でアルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドに分解
③アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸に分解
④二酸化炭素水となって排出

お酒の強さは、アセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ADH)の活性具合によって異なりますが、これは遺伝子の組み合わせによって決まってしまいます。

◇お酒に弱い人と強い人の違い

古川:先ほどお酒の強さは「アセトアルデヒド脱水素酵素(ADH)の活性具合によって異なる」とお伝えしましたが、アセトアルデヒドを速やかに分解できる人は「お酒に強いタイプ(酒豪)」、アセトアルデヒドを分解できずに蓄積してしまう人は「お酒に弱いタイプ(下戸)」です。日本人を含む黄色人種では、酒豪が50%、下戸が5%、残りの人は両方を持ち合わせているタイプだと言われています。

◇自分のお酒の強さを知る方法

古川:遺伝子によってお酒の強さは決まるので、両親や家族のお酒の強さを参考にしてみるとよいでしょう。医療機関によっては、採血などでお酒の強さを検査できることもあるので、必要な場合は相談してみてください。

次ページ:お酒に強くなる方法

お役立ち情報[PR]