お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

生理中の飲酒はOK? お酒による影響と注意点

尾西芳子

どうしても外せない飲み会があるけれど、急に生理になってしまった……! そんなとき気になるのが、生理中に飲酒をしてもいいのかどうかですよね。また、鎮痛剤やピルと、お酒の飲み合わせも気になるところ。そこで今回は、産婦人科専門医の尾西芳子先生に、生理中の飲酒の注意点について解説をしてもらいました。

af9940116078w

生理中の飲酒がもたらす悪影響って?

そもそも、生理中に飲酒をすることによる身体への影響はないのでしょうか? ここではそんな疑問について、尾西先生に答えてもらいました。

gf0780131915w

生理中の飲酒は酔いやすいって本当?

基本的に生理中、飲酒をしてはいけないということはありません。ただ、生理中は体の血液が失われるため、脱水や貧血になりやすい時期。それも関係し、心拍数が早くなりやすく、アルコールが回りやすいので多少は酔いやすい状態だといえるでしょう。

二日酔いについては、生理中かどうかはさほど関係ないと思いますが、体調が悪いとアルコールを代謝できず、二日酔いになりやすくなります。

生理中の飲酒によって引き起こされる体調不良はある?

特に生理中だから体調不良が起こりやすいということはありません。ただ、多量の飲酒で冷えて生理痛が悪化する可能性があります。また前述のとおり、生理中は血液が失われて脱水、貧血気味のため、頭痛が起きやすい、といったことも考えられます。

生理中はホルモン量が急激に下がる時期です。したがって、そういったときに飲酒をしたり夜更かしをしたりすると、片頭痛の悪化や体調不良を起こす危険性がありますよ。

次ページ:生理中、飲酒をする場合の注意点

お役立ち情報[PR]