お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

オメガ3脂肪酸の効果と摂取方法

豊永彩子

まとめ

オメガ3脂肪酸は、最近注目されている栄養素です。さまざまな食材からオメガ3脂肪酸を取り入れる意識を持つことで、日々の食事のバリエーションが充実し、自然と栄養素の種類も豊富になるでしょう。ただし、オメガ3脂肪酸は薬ではありません。効果や効能を期待するのではなく、習慣的に取り入れることで、自分にどのような変化があるかを観察してみてください。

(取材協力:豊永彩子、文:ファナティック)

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年5月2日~5月8日
調査人数:309人(22歳~34歳の女性)

(※2)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」
n-3系脂肪酸目安量(年齢により異なる)
女性1.6~2g/日、男性2~2.4g/日

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.08.09)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※この記事は2017年05月20日に公開されたものです

豊永彩子

フリーランス管理栄養士/米国NTI 認定栄養コンサルタント

過去に、体調とホルモンバランス・食事コントロールに悩んだ自身の経験から、今よりも自信を持って明日を健やかに過ごすためのコンディショニングを提案。

“ホリスティック栄養学”や“味覚”にフォーカスし、あらゆる方法やデザイン性を持って情報を発信していく必要性を感じている。カウンセリング・講師・コラム執筆・レシピ本出版など多数手がける。

Blog:http://nico-a.com/
出版:「味覚改善!! ダイエット成功率90%のお弁当(タツミムック)」
商品開発:「GroovyNuts TRAIL MIX 」http://groovynuts.jp/trailmix.html

この著者の記事一覧 

SHARE