お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

肌の毛穴が目立つ! 皮膚科医が教える、目立たなくする洗顔とスキンケアのコツ

宇井千穂

「毛穴の開きが気になる……」と悩む女性は多いのではないでしょうか? できることなら、つるつるのお肌になりたいですよね。この記事では、毛穴が目立つ原因や毛穴を目立たなくするコツ、NG行為について皮膚科医の宇井千穂先生に解説してもらいました。

af9940093619w

■毛穴が目立つ原因って?

(1)毛穴の角化

毛穴の中に詰まった皮脂や汚れ、そこに固着した角質細胞が層になると、毛穴が硬くなり角化が増大。これにより、毛穴が目立ちます。

(2)黒ずみ

表皮メラノサイトにより生産されたメラニンと過酸化された皮脂により、毛穴が黒ずんで見える状態です。

(3)瘢痕(はんこん)

ニキビの炎症により、皮膚の組織が破壊され、修復が不完全になってしまった場合、瘢痕となって残ってしまうことも。瘢痕となった箇所の毛穴が開いたままの状態なので、毛穴が目立ちます。

■洗顔で毛穴を目立たなくするコツ

gf1420153677m

まずは、汚れや化粧品、過剰な皮脂などを除去し、きちんと洗顔することが大切。洗顔時には、肌に負担をかけないよう、やさしく洗うことを心がけましょう。また、過剰に洗顔してしまうと、角質層に存在する大事な“セラミド”や天然保湿因子である“NMF”まで洗い流してしまいます。同様に、肌を傷つけやすい洗顔ブラシやスクラブ洗剤でゴシゴシマッサージしないよう注意しましょう。

(1)泡立てる

しっかりと洗顔料を泡立てることが大切です。なぜなら、洗顔料はしっかりと泡立てることで、洗浄する効果を高めることができます。また、こすることなくやさしく洗うことができるので、その分、毛穴へのダメージが軽減されます。

(2)肌を無駄に触らない

気になってしまう毛穴の部分を特に念入りに洗ってしまいがちですが、そうすると刺激を与えてしまい、肌のダメージにもつながります。むやみに肌を触らないように注意しましょう。

(3)すすぐ

すすぎ残しのないように十分すすぐことが大事です。しかし、長時間、または何度も洗うことは、過剰な洗顔行動となり、逆に毛穴の目立ちを悪化させてしまうことがあります。

■毛穴ケアに効果的なクレンジング&洗顔料

af9940093778w

(1)洗い流すタイプのクレンジング

クレンジングは、なるべく肌に負担をかけないように、ふき取るタイプよりも洗い流すタイプを選びましょう。しかし、洗い流すタイプは、いずれも油性のものが多いので、きちんと洗い流すことが必要です。 使用するときの注意点として、クレンジングの量が少なすぎると余計にこすってしまい、摩擦を生み出してしまうので、決められた量よりもやや多めの量を使用しましょう。

(2)刺激が少ない洗顔料

刺激の少ない洗顔料を選んでください。洗顔後にツッパリを強く感じたり、ピリピリした刺激を感じたり、チクチクするような痛みを感じるものは避けましょう。

(3)泡立ちのいい洗顔料

毛穴を刺激しないようにするため、泡立ちのいいものを選びましょう。すでに泡となって出てくるタイプや、泡立てネットを使うのもオススメ。片手に、ちょうど拳大くらいに泡立ててから顔を洗いましょう。

■スキンケアで毛穴を目立たなくするコツ

af9940093614w

(1)保湿をしっかりする

皮膚の水分蒸散量が多く、角質の保湿機能が低下すると、毛穴の角化に異常が生じてしまい、毛穴が目立つようになってしまいます。それを防ぐためには、保湿をきちんとするべきです。保湿剤を肌につけるときは、こすったり叩いたりせず、手の平全体でやさしくなじませるようにつけましょう。洗顔後は乾燥しやすいので、忘れずに保湿をしてください。

(2)紫外線対策

紫外線対策は光による肌の老化の予防だけでなく、毛穴の詰まりや、炎症による色素沈着の予防にも重要です。ただ、日焼け止めの使用後は、しっかりと保湿対策をしましょう。ほかにも、日焼け止めだけに頼らず、日傘や帽子を併用するのがオススメです。

■毛穴を目立たせてしまうNG行為

rf20027751_l

(1)ピンセットで角栓を抜く

ピンセットで角栓を抜くと、毛穴や周囲の皮膚を傷つけてしまい、そこから炎症を起こしたり、細菌感染を引き起こします。また、角質層を傷つけてしまうことで、過剰に皮脂を作り出してしまうことも。 余計に毛穴が詰まりやすくなってしまいます。なので、ピンセットで角栓を抜くのはやめましょう。

(2)乾燥させてしまう

肌の水分不足は、毛穴を目立たせる原因の大きなひとつ。保湿を怠ることで、乾燥による角化異常を起こし、皮脂が増えます。また、お肌のハリやキメが乱れ、毛穴が目立ちます。

(3)洗いすぎる

洗顔は大切ですが、そこばかりに意識がいってしまって、顔を洗いすぎる人がいます。洗いすぎとは、隅々まで力を加えて洗ってしまう、時間をかけて長く洗ってしまう、日に何度も洗ってしまうなどの行為を指します。これでは、肌に負担をかけてしまい逆効果です。

■まとめ

肌をキレイにするために、何回も洗顔をしたり長時間洗顔をしたりすると、かえって逆効果に。しっかり洗顔料を泡立てて、やさしく洗うのが毛穴を改善するポイントのようです、また、日ごろから乾燥や紫外線に気をつけて、しっかり保湿をするように心がけましょう。

(文:宇井千穂、構成:マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.05.14)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

お役立ち情報[PR]