お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ツインレイが再会する前兆とは? サインの見極め方と再会後にすべきこと

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

サイレント期間を終え、ツインレイと再会するタイミングのサインを占い師のみくまゆたんさんが紹介。また、再会を後押ししてくれる協力者の見極め方とは? さらに、再会後に2人がすべきことを解説します。

ツインレイとは、「自分自身の魂の片割れ」を意味します。

過去は元々1つの魂。そのため、現世でもお互いの存在を強く求めることとなります。ツインレイの相手と出会うとお互いに惹かれ合い、激しく求め合うこともあるでしょう。

ただし、その一方で、ツインレイにはサイレント期間(沈黙の時間)が訪れると言われています。サイレント期間とは、お互いの成長に重要な出来事で、一時的に離れ離れになってしまう期間のこと。

こうして離れ離れになってしまった2人は、再び出会うことができるのでしょうか。

今回は、別れたツインレイの相手と再会する前兆や、それを助けてくれる協力者の見極め方、再会後にすべきことについて紹介します。

ツインレイの相手と再会する前兆とは?

前述の通り、ツインレイが別れる期間のことを、「サイレント期間」と言います。この期間は、男性(ランナー)が女性(チェイサー)に別れを告げることで始まるケースが多いとされています。

主な理由として、1つの魂になる目的のために男性の気持ち、環境、価値観に変化が起こるから。女性側が振られてしまうというパターンが多いのです。

しかし、このサイレント期間はツインレイ同士の場合、あくまで「別れ」ではなく「試練」であり、試練を乗り越えたら再会するというケースもしばしば。

では、別れたツインレイと再会するタイミングやサインには具体的にどのような特徴があるのでしょうか? まずは、再会の前兆を解説していきます。

参考記事はこちら▼

サイレント期間って何? 詳しくはこちらの記事でチェックしてみてください。

(1)エンジェルナンバー「1111」を見かけるようになる

サイレント期間が終わる時期になると、天使からのメッセージが届くようになります。

天使からのメッセージはエンジェルナンバーと呼ばれ、日常生活で多く目にする数字のことを表します。

エンジェルナンバーの中でも、「1111」という数字はツインレイの再会を告げる数字。この数字をよく見かけるようになるのは、サイレント期間が終了するサインとも言われています。

例えばレシートや携帯電話の番号、車のナンバーなどの数字で「1111」をよく見かけるようになったら、再会のタイミングが近づいていると言えるでしょう。

参考記事はこちら▼

エンジェルナンバー1111が意味することを解説します。

(2)夢に相手が出てくる

サイレント期間が終わる時、ツインレイの相手が頻繁に夢に出てくるようになります。

もし、夢にツインレイの相手が出てきたのであれば再会はすぐそこまで近づいている可能性が高いです。一刻も早く再会したいなら、相手の近況を確認してみましょう。相手とスムーズに復縁できるかもしれません。

(3)体調の変化を感じる

再会前になると日中から不思議と眠気に襲われる、疲れやすくなるなど体の変化を感じることがあるとスピリチュアルの世界では言われています。

この場合、あなたの中で相手を受け入れる準備が始まっているのかもしれません。

また、不安や辛い気持ちが少しずつ薄れていくならば、徐々に相手との再会時期が近づいている前触れとなります。

(4)古いものが次々と壊れる

ツインレイとの再会が近づいている時、あなたの周囲にある古いものが次々と壊れる現象が起きることも考えられます。物が壊れるのは、あなたが発するエネルギーの波動が変化したサインの1つなのです。

あなたのエネルギーに変化が起き、運気上昇の合図でもあります。会いたいと願っていたツインレイとも、近いうちに再会できることでしょう。

次ページ:再会を助けてくれる協力者の見極め方

SHARE