お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

嫉妬しない方法4選。恋愛・職場・友達関係で嫉妬する瞬間も紹介

秋カヲリ

恋愛でも職場でも友達関係でも、つい嫉妬してしまうことはありますよね。そこで今回は、嫉妬してしまう瞬間とその原因、嫉妬しない方法について、心理カウンセラーの秋カヲリさんに解説してもらいます。

嫉妬はネガティブな気持ちの元になる厄介な存在で、誰しも持っている感情です。

特に友達や彼氏・彼女、職場の同僚など近しい存在の人に感じやすく、人間関係に悪影響を与えることもあるので、できれば嫉妬はしたくないですよね。

そこで今回は、友達や恋人など他人に対して嫉妬しない方法を紹介します。嫉妬してしまう理由も踏まえて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

人に嫉妬してしまう瞬間

身近な存在である恋人や職場の同僚、友達に嫉妬してしまうのは、距離が近いから相手のことがよく見えて、自分と比較しやすいためでしょう。

ここでは、実際の体験談を交えながら、どんな時に嫉妬してしまうのか解説します。

恋人に嫉妬してしまう瞬間

恋人に嫉妬してしまう瞬間としては、以下のようなものがあります。

(1)元カレ・元カノの話を聞いた時

私の周りには、「恋人に元カレや元カノの話をされると嫉妬する」という友達が非常に多く、私自身もそうです。

「こんなことをされて大変だった」という苦労話なら良いですが、楽しかった思い出などポジティブな話をわざわざ聞かされると「まだ好きなの?」「昔の方が楽しかったの?」といった疑念が生まれ、嫉妬してしまいます。

(2)異性の友達と仲良くしているのを見た時

たとえ友達でも、恋人が異性と仲良くLINEしていたり遊んでいたりすると不安になり、「なんで自分以外の異性とそんなに仲良くするの?」と嫉妬してしまいますよね。

特に、恋人に異性の友達が多くて自分には異性の友達が少ないパターンや自分に自信がない人ほど、このようなシーンで嫉妬しがちです。

職場で嫉妬してしまう瞬間

職場では、以下のような瞬間に嫉妬してしまうことがあります。

(1)同僚が自分より評価されている時

私の友達であるA子は、会社の同僚でもある男性と付き合っていました。A子は、自分より仕事ができて評価されている彼を見て、嫉妬したと言います。

A子はコツコツ真面目に働く努力型タイプなのに対して、彼は要領が良く、卒なく仕事をこなすタイプ。

A子は普段苦労しているからこそ、自分にはできないことをさらりとやってのける彼氏に、強烈なうらやましさを感じてしまったのでしょう。

(2)同僚が上司に気に入られている時

私が会社員として働いていた頃に苦手な上司がいたのですが、同僚はその上司に気に入られて楽しそうに仕事をしていました。私はそれを見てもやもやし、嫉妬してしまったことがあります。

私も上司と仲良くなりたかったのですが、どうしても馬が合わず……。

そんな中、同僚が持ち前の人当たりの良さで上司と親密になり、スムーズにコミュニケーションを取っているのがうらやましく、妬ましさを感じてしまったのです。

友達に嫉妬してしまう瞬間

友達に嫉妬してしまう瞬間には、以下のようなパターンがあります。

(1)友達の交友関係が自分より広い時

自分より交友関係が広い友達に嫉妬するケースも珍しくありません。

引っ込み思案な性格のB子は、友達が多く多趣味なC子がよく誘いを受けて遊びに出掛けているのを見て「なんであの子ばっかり誘われるんだろう」と嫉妬したそうです。

自分も遊びたいのに、友達ばかり誘われることが妬ましかったのでしょう。

(2)友達が恋愛面でうまくいっている時

D子の昔からの幼馴染であるE子は、ある時優しい彼氏と付き合い始めました。それから、D子はE子から恋愛の話を聞くと嫉妬するようになってしまったと言います。

D子は彼氏がおらず、絶賛婚活中。けれどうまくいかずに苦戦していて、順風満帆に結婚への道を進んでいるE子がうらやましくてしょうがなく、嫉妬してしまうそうです。

次ページ:嫉妬してしまう原因は?

SHARE