お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

職場にいるツンデレ男子の特徴や心理とは? モテる理由も解説

嬉野あけび

あなたの職場に「ツンデレ男子」はいますか? いつもツンツンしているかと思えば、たまにデレるツンデレ男子。どう接すれば良いか分からない人もいるかもしれません。今回はツンデレ男子の職場における特徴や心理、モテる理由や接し方を解説します。

「ツンデレ」とは、つっけんどんな態度と好意的な態度が入り混じった様子を表す言葉です。

ツンデレな人は、恥ずかしさから素直に優しさや好意を表現できず、ついツンツンしてしまう不器用な性格であるといえます。

相手の性別に関係なくツンデレな態度を取る人もいますが、特に異性に対してツンデレな態度を取る人が多いようです。

職場にツンデレな人がいると、本心が読めず接し方に迷う場面があるかもしれません。その一方で、たまに見せる優しい態度にキュンとしてしまう人もいるかも?

そこで今回は、職場のツンデレ男子の特徴や心理、モテる理由や接し方を解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

職場にいるツンデレ男子の特徴

職場にいるツンデレ男子には、どのような特徴があるのでしょうか?

(1)硬派

ツンデレ男子は、職場では特に硬派な傾向があります。

ツンデレな人は、周囲から「あの子のこと好きなのかな」と思われるのが恥ずかしくてツンツンしてしまう傾向があります。

そのため、「好きなのかな」と思われないように、仕事の用件以外で女性に話し掛けることは少ないです。

また、もし会社の飲み会があっても女性とは距離を置き、男性が多い席を選んで座ることが多いでしょう。

(2)照れ隠しをしがち

ツンデレ男子は、照れ隠しをしがちです。特に女性の前だとその傾向が強くなるようです。

もし女性のために何かをしてあげて感謝されたとしても、「仕事だからやっただけだよ」など、ちょっと冷たい言い方をすることもあります。

ぶっきらぼうに感じるかもしれませんが、本人としては照れているのを隠したくて精一杯になっているのでしょう。

(3)能力をひけらかさない

ツンデレ男子はたとえ自分のスキルに自信があっても、「周りから賞賛されるのは恥ずかしい」という気持ちから、そのスキルを自分からアピールすることは少ないです。

能力をひけらかすことなく、やるべきことを淡々とこなす人が多いでしょう。

トラブルが起きた時に思いがけない能力を発揮し、そこで初めてそのスキルが明らかになるというパターンもあるようです。

次ページ:職場でツンデレな態度を取ってしまう男性心理

SHARE