お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ペアーズ(Pairs)で「いいね!」が減るたった1つの理由。対策も解説

マッチングアプリ虎の巻【pairs(ペアーズ)編】

すぎうら

ペアーズで「いいね!」が減るのを防ぐ対策

ここからは、ペアーズで最近「いいね!」が来なくなったと感じた時にすべきことを紹介します。

「いいね!」が少なくなったと自覚しているなら、さまざまな対策を行って、効率的に出会える状態をつくりましょう。

(1)自分から積極的に「いいね!」をする

「いいね!」を多くもらうために、まずは自分からも積極的に「いいね!」をしていきましょう。

先述したとおり、相手が返してくれる「いいね!ありがとう」の数も累計「いいね!」数に換算されます。

「いいね!ありがとう」を含め、もらった「いいね!」数が増えると人気会員だと判断され、注目度が上がるかもしれません。自分から積極的にアプローチすることは、つまり「いいね!」をもらえる可能性を上げることにもつながります。

参考記事はこちら▼

「いいね!」は男性が送るもの、と思っていませんか? 女性からも「いいね!」を送ることには多くのメリットがあります。

(2)足あとをつけてくれた相手に「いいね!」をする

足あととは、プロフィールの閲覧履歴のこと。相手が自分のプロフィールを見てくれた場合に、足あととして履歴が残ります。

プロフィールを見たということは、あなたに興味を持っているということ。足あと一覧から気になる人に「いいね!」を送るとマッチングできる可能性が高いでしょう。

足あとの確認方法は以下の通りです。

1.ペアーズを開いて、右下にある「その他」をタップ

ペアーズ いいね減る

2.メニューにある「足あと」をタップ

ペアーズ いいね減る

3.足あとをつけてくれた会員の一覧が表示される

ペアーズ いいね減る

この方法で足あとをたどって「いいね!」を送ってみましょう。

(3)こまめにログインする

ペアーズの利用頻度が高いアクティブユーザーは、「いいね!」をもらいやすい傾向にあります。検索の際に、最終ログインの日時や、ログインが新しい順で絞り込むことができるからです。

そのため、こまめにログインすることで異性の目に触れる機会が多くなります。30日間で「いいね!」数がリセットされてしまうので、常に活動することを心掛けましょう。

(4)写真やプロフィールを見直す

写真やプロフィールを見直すことで、「いいね!」を多くもらえるようになる可能性があります。具体的な見直しポイントは以下の通りです。

写真のポイント

・笑顔の写真を選ぶ

・清潔感のある服装のものを選ぶ

・顔がはっきり分かるものを選ぶ

また、「いいね!」をもらいにくい写真の例を男女別にチェックしておきましょう。

ペアーズ いいね減る

ペアーズ いいね減る

プロフィールのポイント

・項目を全て埋める

・自己紹介文ではあいさつやアプリを始めた理由などを書く

以下の例文を参考に、プロフィールを作成してみてくださいね。

ペアーズ いいね減る

(5)コミュニティに参加する

コミュニティに参加することで、多くの「いいね!」をもらえる可能性があります。

コミュニティとは趣味や好きなタレントなど、共通点を持つ人が集まる場所です。共通点があるため「いいね!」をもらいやすく、マッチングした後もうまくいくことが多いでしょう。

(6)ブースト機能を活用する

ブースト機能とは、自分のプロフィールが60分間検索上位に表示される機能です。

検索上位に表示されることで異性の目につきやすくなり、多くの「いいね!」が期待できます。ブーストは1回につき9ポイント消費します。アプリ内にある「Pairs Store」から購入できるので、チェックしてみてください。

ちなみに、ポイントとはペアーズ内の通貨のようなもの。ログイン時に毎日無料で配布されますが、足りなくなったらアプリ内で追加購入も可能ですよ。

ペアーズでもらえる「いいね!」を増やそう

ペアーズでは30日で「いいね!」の数がリセットされるため、今表示されている「いいね!」数は減ることがあります。

多くの「いいね!」をもらうためには、自分から積極的に行動する、写真やプロフィールを工夫することが大切。また、気になる相手には自分から「いいね!」をするのもおすすめです。

(すぎうら)

関連する診断をチェック!

【目立ちたがり度診断】あなたは注目を浴びたいタイプ?

※画像はイメージです

※この記事は2021年06月30日に公開されたものです

すぎうら

30歳を目前にして突然のジャニーズオタクデビューしたマイペースなライター。芸能界に詳しいこともあり、芸能メディアでの執筆経験もあり。20代の頃は趣味で恋愛小説を書いており、電子書籍デビューを果たしている。恋愛小説を書くのは好きなのに、自分の恋愛はイマイチ上手くいかないのが悩み。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「マッチングアプリ虎の巻【pairs(ペアーズ)編】」をもっと見る

MORE

SHARE