お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女共通】ペアーズ(Pairs)でモテる&NGな写真の特徴

マッチングアプリ虎の巻【pairs(ペアーズ)編】

山本茉莉

ペアーズ(Pairs)では、男性、女性共に写真の印象がマッチング率に大きく影響します。今回は、ペアーズでモテる写真&NGな写真の特徴を解説。併せて、写真を載せたくない時の対処法や写真リクエスト機能についても紹介します。

ペアーズでマッチングのチャンスを逃さないためには、プロフィール写真で好印象を与えることが大切です。好印象につながるポイントを押さえて、マッチング率を上げていきましょう。

今回は、ペアーズで「いいね!」されやすい写真選びのコツを詳しく解説します。

ペアーズでマッチングしにくい写真の共通点

ペアーズでは、写真の印象でマッチング率が大きく左右されます。特に、相手の検索画面に表示されるメイン写真の印象が良くないと、プロフィールの詳細すら見てもらえません。

男女共に、以下のようなプロフィール写真では出会いのチャンスを逃してしまうかもしれません。

・自撮り写真

・異性と一緒に写っている写真

・複数人で写っている写真

・アプリで加工しすぎている写真

・肌を露出しすぎている写真

ではここから、ペアーズでマッチングしにくい写真の共通点を詳しく見ていきましょう。

(1)自撮り写真

自撮りの写真に対しては「ナルシストなのかも」と思われる可能性があります。特に、斜め上の角度からキメ顔で撮った写真や、洗面所の鏡越しに撮った写真はあまり良い印象を持たれません。

プロフィール写真は、なるべく他撮りのものを選ぶと良いでしょう。

(2)異性と一緒に写っている写真

男女共に、異性と一緒に写っている写真はあまり好評ではありません。「遊び目的なのかな?」「前の恋人に未練があるの?」と思われる可能性も。

異性と一緒に写っている写真を使いたいなら、自分の顔の部分だけトリミングして異性の影がないように見せるのがおすすめです。

(3)複数人で写っている写真

複数人で写っている写真は、誰が自分なのか分かりにくいので避けましょう。自分の情報が十分に伝わらず、印象に残りにくくなります。

できれば1人で写っている写真が好ましいですが、どうしても複数人で写っている写真しかない時は、自分以外の人をスタンプやモザイクで隠しましょう。

(4)アプリで加工しすぎている写真

アプリを使って過度に加工した写真は、ペアーズでは敬遠されやすいので控えましょう。

加工しすぎた写真は、実際に会った時とのギャップを生みやすいもの。「写真にだまされたくない」といった心理から、アプリで加工した写真に「いいね!」する人はあまりいません。

(5)肌を露出しすぎている写真

露出が激しい写真を載せている人は、遊び目的や業者と誤解されることがあります。また、遊び目的の異性を引き寄せてしまう可能性も。

ペアーズは真面目な出会いを求める人が多いため、誠実さに欠けるような写真は控えるのが無難です。

次ページ:ペアーズでマッチング率が上がる写真のポイント

SHARE