お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ロイヤリティ」とは? 意味や「ロイヤルティ」との違いを解説

Sai

「ロイヤリティ」とは何か、正しく理解できていますか? ビジネスシーンでよく聞く言葉ですが、あいまいな使い方をしている人は多いでしょう。今回はビジネス系ライターのSaiさんに、意味や「ロイヤルティ」との違いなどを解説してもらいます。

職場などでよく見聞きする「ロイヤリティ」という言葉。

発音や表記が似ている言葉に「ロイヤルティ」がありますが、それぞれの意味を正しく理解できていますでしょうか?

本記事では、「ロイヤリティ」の意味やビジネスシーンにおける使い方などを紹介。

また、「ロイヤルティ」との違いや使い分けのポイントに関しても、例文つきで詳しく解説します。

「ロイヤリティ」とは?

まずは、「ロイヤリティ」の語源や意味を詳しく確認してみましょう。

「王位」や「気品」を意味する英語「royalty」が語源

「ロイヤリティ」は、「王族」や「王位」、「気品」などを意味する英単語「royalty」が語源となっているカタカナ語です。

皇族や王室などを表す時によく使われる単語ですが、「特許権使用料」や「印税」といった意味も持っており、幅広いシーンで使われています。

カタカナ語では「特許権や著作権などの使用料」を意味する

「王族」や「気品」という意味を持つ「royalty」ですが、カタカナ語「ロイヤリティ」は、ほとんどの場合「特許権や著作権などの使用料」を意味する言葉として使われます。

「王室」や「気品」の意味ではめったに使用されず、「最初に発明や発案をした人に対して支払う対価」を指す場合に「ロイヤリティ」という言葉が用いられます。

次ページ:「ロイヤリティ」が使われる場面

SHARE