お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「僥倖」ってどういうこと? 読み方・意味・使い方を紹介

小坂井さと子

「僥倖」は難読漢字ですが、『賭博黙示録カイジ』やダンス曲に使われたこともあって目にする機会が増えました。本記事では「僥倖」の読み方や意味、類語や使い方について翻訳者でもあるライターの小坂井さと子さんに説明してもらいます。

僥倖とは「思いがけない幸せ」を意味する言葉です。画数も多い漢字で、見るからに難解そうな言葉ですよね。

ただ、難しそうな見かけに反して、意外と目にする機会が多い言葉でもあります。

藤井聡太棋聖が、連勝記録を伸ばしていた時に「連勝できたのは僥倖としか言いようがない」と答えたことで、「中学生なのに難しい言葉を知っているなあ」と話題になったことを記憶している人もいるかもしれません。

本記事では「僥倖」の読み方や意味、類義語や対義語、また英語表現も併せて紹介します。

「僥倖」の読み方・意味・成り立ち

最初に「僥倖」という言葉の基本的な意味や漢字の成り立ちを、辞書で押さえておきましょう。

「僥倖」の読み方と意味は?

最初に「僥倖」の読み方と意味を、辞書で確認しておきましょう。

僥倖(ギョウコウ)

1.思いがけない幸い。偶然に得る幸運。

2.幸運を願い待つこと。

デジタル大辞泉(小学館)

「僥倖」とは、例えば受験で努力した結果、合格を勝ち取った時の「幸せ」ではなく、記念受験ぐらいの気持ちで受けた大学に合格してしまったような「幸せ」をいうことが分かります。

「僥倖」という漢字の成り立ちは?

僥倖の「僥」も「倖」も普段、なかなか目にする言葉ではありません。漢和辞典でそれぞれの漢字を見ておきましょう。

僥(キョウ、ギョウ)

もとめる、ねがう

倖(コウ)

1.さいわい。思いがけないさいわい。

2.へつらう。したしむ。また、お気に入り。

3.こいねがう。願い望む。

『新漢語林』

「願う」という意味の「僥」と「幸い・思いがけない幸い」という意味の「倖」が結びついた熟語だということが分かります。

次ページ:「僥倖」の使い方を知ろう

SHARE