お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

尊敬します。「思慮深い人」の特徴5つ

きくかお(WEBライター)

物事の洞察に優れ、聡明な「思慮深い人」にはどのような特徴があるのでしょうか。ライターのきくかおさんに聞いてみました。

物事の洞察に優れ、聡明な「思慮深い人」。仕事でもプライベートでも正しい判断を落ち着いてできる思慮深い人は、周りから一目おかれる存在です。今回は思慮深い人の特徴をご紹介します。

【誠実な人度診断】あなたは信頼されてる?

(1)論理的で冷静

思慮深い人は、トラブルがあったとき、感情に振り回されてワーワーと騒ぐのではなく、冷静に落ち着いて行動します。また、論理的に物事を考えるのも得意なので、冷静に的確に指示を出し、トラブルをスマートに解決します。

(2)知識が豊富

思慮深い人は、幅広い知識を身に付けています。SNSやネットニュースなどから得た偏った情報だけを信じるのではなく、本や新聞を読んで、さまざまな角度から情報を得ます。そのため、視野が広く 物事を多角的に捉えることができるのです。

(3)人の意見を聞く

思慮深い人は、相手の気持ちを理解しようと、人の意見や話をしっかり聞きます。よく話を聞き、考えながら質問を挟みます。そうして相手を理解することで、信頼関係が生まれ、よりよい関係を築くことができるのです。

(4)安易な約束はしない

思慮深い人は、その場のノリで何かを決めたり、約束をしたりしません。約束を守らないことは相手を裏切ることであり、失礼なことだと思っているので、自分の予定や状況を鑑みて相手と守れる約束をします。

(5)物事の本質を考える

思慮深い人は、一歩立ち止まって客観的に物事を見ます。目に見える表面的な事実だけを捉えようとせず、その中にある本質的な問題点や課題を考えます。物事の本質を考えることで、根本的な問題点を浮き彫りにすることができます。

思慮深い人は一日にして成らず

落ち着いて冷静、知識が豊富で物事の本質を考える「思慮深い人」。その考え方や行動は、一朝一夕で身に付くものではありません。まずは、一歩引いて客観的に物事を見るように心がけてみましょう。それだけで、世界の見え方がガラリと変わるかもしれません。

(きくかお)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

面倒くさいって思われてない? 「頑固な人度」診断

怒ることはめったにない? 「温厚な人」診断

実は頑固者? こだわりの強さ診断

※この記事は2021年05月01日に公開されたものです

きくかお(WEBライター)

結婚後、3人の子供の出産を経て、ライターに。
ファッション、恋愛、ライフスタイルの記事を中心に執筆。
母、妻、そして1人の女性という3つの異なる立場を持つ強みを生かし、恋愛というかわいくて憎らしいモンスターに切り込んでいく。
この著者の記事一覧 

SHARE