お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

with(ウィズ)マッチング後のメッセージは男女どちらから? コツやNG例を紹介

マッチングアプリ虎の巻【with編】

朝谷のも

やりとりが途絶えやすいメッセージの特徴

マッチング後にやりとりを続けていても、なぜか相手からの返信が途絶えてしまう。

そんな人は、送っているメッセージの内容に問題があるのかもしれません。

最後に、やりとりが続かない人に見られるメッセージの特徴を紹介するので、自分に当てはまる項目がないかチェックしてみてください。

(1)あいづちだけで素っ気ない

「うん」「はい」「そうなんだ」といったあいづちだけのメッセージは、つまらない印象を与える上に、相手はどう返したらいいか分からず困ってしまいます。

また、思いやりがなく、話題の提供を任せきりにしたやりとりなども相手を疲れさせてしまうため、その後の関係継続にはつながりづらいでしょう。

(2)質問攻め

質問することはコミュニケーションを取る上で欠かせないことですが、質問攻めにしてしまうと、相手に不安やストレスを与えかねません。

そのため、「メッセージ1通につき、質問は1つ。多くても2つまで」といったルールを設け、相手を気遣うことも大切です。

(3)自分の話ばかり

「メッセージを盛り上げたい」「自分を良く見せたい」という心理から、自分の自慢話や趣味の話ばかりしてしまう人も多いです。

しかし自分の話ばかりだと、「ナルシスト」「自己中心的」「プライドが高い」というイメージを与えてしまうこともあるため、相手の話に耳を傾けるのも忘れないようにしましょう。

(4)やりとり開始直後の「LINE教えて」

LINEはプライベートに直結したツールなので、数回のやりとりで交換を提案すると「遊び目的」や「業者」と疑われてしまうことがあります。

LINE交換は、ある程度メッセージを重ね、相手との信頼関係ができてから提案するのが無難です。

メッセージのコツをつかんで着実に仲を深めよう!

せっかく気になる相手と出会えても、マッチング後のメッセージが続かなければ、実際に会うことは難しいでしょう。

しかし、コツと注意点を押さえてメッセージの内容を見直せば、返信率を上げることは可能です。

メッセージを通して相手との距離を縮め、すてきな出会いにつなげましょう!

(朝谷のも)

関連する診断もあわせてチェック!

【せっかち診断】いつも焦って損してない?

※画像はイメージです

※この記事は2021年06月04日に公開されたものです

朝谷のも

1989年生まれ、福岡県在住のライター。恋愛を中心にさまざまなテーマで執筆しています。好きなものはお酒と食べ歩き、人と話すこと。ペンネームの由来は「朝や、酒でも飲もう」の略。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「マッチングアプリ虎の巻【with編】」をもっと見る

MORE

SHARE