お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ご査収」の意味は? 正しい使い方と言い換え表現

武田 麻希

「ご査収」と類義語との違い

「ご査収」と同じようなシーンで使われる類義語がいくつかあります。一緒に覚えておきましょう。細かなニュアンスの違いを覚えておくことで、シーンごとに言葉を正しく使い分けることもできます。

ここからは、「ご査収」の類義語を紹介していきます。

「ご検収」と「ご査収」との違い

「検収」には、下記のような意味があります。

けんしゅう【検収】

品物が、注文どおりか、規格に合っているかを調べて受け取ること。

(『精選版 日本国語大辞典』小学館)

「ご検収」は商品を納品した場合などによく使われる言葉です。

「納品した品物の数量や内容が注文通りか確認してください」という意味で用いられます。「ご検収」は「ご査収」に比べて狭い意味である点に注意して使ってください。

「拝受」と「ご査収」との違い

「拝受」には、下記のような意味があります。

はいじゅ【拝受】

受けることをへりくだっていう語。つつしんで受けること。ありがたく頂戴すること。

(『精選版 日本国語大辞典』小学館)

「ご査収」は尊敬語なので相手の動作を表す表現として使われるのに対し、「拝受」は謙譲語ですので、自分の動作に対して使います。

したがって、相手に対して「拝受ください」と使ってしまうのはNG。失礼にあたりますので、間違えないよう注意してください。

「ご確認」と「ご査収」との違い

「確認」の意味は下記の通りです。

かくにん【確認】

1. 確かに認めること。はっきりと認めること。

2.公の機関によって、特定の事実や法律関係の存否を判断、認定すること。

(『精選版 日本国語大辞典』小学館)

「ご確認」には「はっきり確かめる」という意味があり、「ご査収」とほぼ同じ意味として用いられます。

「受領」「受け取る」と「ご査収」との違い

「受領」には下記のような意味があります。

じゅりょう【受領】

受けおさめること。金や物を受け取ること。領収。

(『精選版 日本国語大辞典』小学館)

「ご査収」のように「よく調べて」という意味は含まれていませんが、「受け取る」ことでは共通しています。

次ページ:「ご査収」を使ったメール・FAXへの返信時の注意点

SHARE