お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ご査収」の意味は? 正しい使い方と言い換え表現

武田 麻希

「ご査収」の使用例と使い方

「ご査収」はビジネスメールや文章を作成する場合によく使われる言葉。そのため、使い方を覚えておくと便利です。

ここからは「ご査収」の具体的な使用例を挙げて、使い方を解説します。

「ご査収ください」の使用例

・メールを送付いたしましたので、ご査収ください

・ファイルを送付しましたので、よろしくご査収ください

「ください」は、動詞「くださる」の命令形で、「ご」を伴った表現につくことで、相手に何かを要望・懇願する意味を表します。

つまり「ご査収ください」は、「ご確認の上お納めください」という意味がある表現です。

「ご査収のほど」の使用例

・メールをお送りしましたので、ご査収のほどよろしくお願いいたします。

・請求書を送付いたしましたので、ご査収のほどお願い申し上げます。

「ご査収のほど」は「調べた上で受け取ることや、その次第」を表す表現です。「ご査収の程」「御査収の程」などと書かれることもあります。

「ご査収のほど」はビジネスメールでよく使われる表現ですので、覚えておきましょう。

「ご査収願います」の使用例

・お見積書を送付いたしましたので、ご査収願います

「願います」は「願う」という動詞の連用形「願い」に丁寧語の「ます」がついた言葉。「願う」には「してほしいことを人に頼む」「配慮や手助けを求める」などの意味があり、「願います」は「願う」の敬語表現です。

「ご査収」と「願います」を組み合わせることで、「よく調べて受け取ってほしいです」という意味となり、ビジネスでもよく使われる表現です。

「ご査収いただけますと幸いです」の使用例

・仕様書をお送りしましたので、ご査収いただけますと幸いです

「ご査収いただけますと幸いです」は、文章を送る場合によく使われる決まり文句の1つです。「よく調べて受け取ってください」という意味ですので、書類を送付する時などのフレーズとして活用してください。

次ページ:「ご査収」と類義語との違い

SHARE