お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「エモーショナル」の意味は? 使い方や例文・類語を解説

前田めぐる(ライティングコーチ・文章術講師)

「エモい」という言葉を聞いた時、それがどういう意味なのか把握できていますか? 語源は「エモーショナル」という英語で、「情緒的・感情的」という意味があります。今回はそんな「エモーショナル」について、ライティングコーチの前田めぐるさんに解説してもらいました。

「エモい」とは、心に響くような音楽や写真、映像などを表現する際に、主に若者の間で浸透している俗語です。

この「エモい」の語源になっているのが、英語の「emotional(エモーショナル)」。

どんな意味があるのか? ビジネスでも使うことができるのか? 類語や対義語も含めて、紹介します。

「エモーショナル」の意味は?

「エモーショナル」は、英語「emotional」のカタカナ語で、次のような意味があります。

エモーショナル【emotional】
情緒的。感情的。
(『広辞苑 第七版』岩波書店)

英和辞典では、次のように書かれています。

emotional
形容詞(more emotional; most emotional)
1〈人・性質など〉感情に動かされやすい、感情的な、情にもろい、感激しやすい。
an emotional person(感情的な[情にもろい]人)
2〈音楽・文学など〉感情に訴える、感動的な。 emotional music(主情的な音楽)
3(比較なし)感情の、情緒の。an emotional decision(感情的な決定)
(『新英和中辞典』研究社)

以上のことから、「エモーショナル」とは、人や性質について「感情的な、情にもろい」という意味の言葉だと分かります。

また、音楽、写真、ファッション、文章など、何らかの表現について「感情をかき立てる。感情に訴える。感動的。情緒的」という意味を表す言葉です。

静かにじわじわと染みるような様子よりも、どちらかといえば心にグッと迫るような動的な感情を表現する時に、よりふさわしいといえます。

次ページ:「エモーショナル」はどんな時に使えるのか?(例文付き)

SHARE