お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

意外とナイーブ? 「傲慢な人」の心理&うまく付き合う対処法

熊谷佐知恵(心理カウンセラー)

あなたの身の回りに傲慢だと思う人、いませんか? その自己中心的な態度に振り回されてクタクタ……なんてことも。今回は心理カウンセラーの熊谷佐知恵さんに、傲慢な人の特徴や心理、どう対処すればいいのかを教えてもらいました。

傲慢な態度をとる人って意外と身近にいますよね。「もう本当にカンベンしてほしい」そう思いつつ、傲慢な人に振り回されていませんか?

「傲慢」とは横柄なこと。人を見下して思い上がった態度をとることを意味する言葉です。

もし、会社の上司や同僚、恋人など、あなたの身近なところにこのような自己中心的な人がいたらストレスが溜まってしまいますよね。

では、傲慢な人にはどのように対処したらいいのでしょうか?

傲慢な人の5つの特徴

まずは傲慢な人の特徴と心理的背景について知っていきましょう。

(1)他人の意見を聞かず、自己中心的

傲慢な人というのは、自分の考えこそが一番正しいと思っている傾向があります。

これまでの経験から、自分が正しいことをしている、言っていると信じているので、他人の異なる意見に耳を傾けることができません。

それゆえに周囲の人と衝突してしまうことも少なくないのです。

頑なに自分の考えの正しさを貫こうとするので、周りの人の目には自己中心的な態度と映るのです。

(2)他人に対して感謝の表現がない

傲慢な人は、今はどうであれ、自分も人一倍、努力や我慢をしてきたと思っています。

「私だってそうしてきたのだから、それくらいのことできるでしょ?」「そんなこともわからないの?」と思っているので、感謝すべき場面に気づけないのです。

今、自分を取り巻く人達は、かつて自分に向けて我慢や犠牲を強いてきた相手ではありません。

しかし、その頃のツケを取り戻そうとして、ものごとを押し付けてしまうようなところがあるため、何かをしてもらった時に「お返しをする」という発想が生まれにくいのです。

(3)他人を見下す発言が多い

傲慢な人は、自分が見下されることがとにかく嫌なのです。

「バカにされたくない」「惨めな思いをしたくない」。そのような競争心から、自分以外の人を下に見る意識が生まれ、結果的に人をバカにしたり、惨めな思いをさせてしまうのですが、本人はそのことにはなかなか気づけません。

それくらい自分の尊厳(プライド)を守るのに必死なので、自分が相手よりも下という状況を許すことができず、虚勢を張ってしまうのです。

(4)自分の非を認めない

傲慢な人は、自分の非を認めることができません。

たとえ自分のルールを人に押し付けてうまくいかなかった時でさえ、とっさに責任転嫁してしまいます。

虚勢を張っているため強そうに見えますが、被害者意識が強いので、周りの人が自分を脅かす存在に見えて戦おうとします。

また、本気で「自分は悪くない」と思っており、自分の身を守ろうとしていることも多いので、「ごめんなさい」と謝ることができないのです。

(5)他人を利用する(支配したがる)

傲慢な人は、自分が状況をコントロールできなくなることがとにかく怖い。つまり、自分にとっての想定外が起こることが許せないのです。

あれこれ人に指図してしまうのは、そのような想定外が起こることへの恐れがあるからです。

それにより、周りの人が、利用されたり支配されているような気持ちを味わっていることに本人は気付いていないことも多いのです。

次ページ:なぜ人は傲慢になる? その心理とは

お役立ち情報[PR]