お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

バレンタインのお返しに込められた意味は? ホワイトデーギフトおすすめ7選

マドカ・ジャスミン

バレンタインのお返しはいるorいらない? 男性に知ってほしい女性の本音を、コラムニストのマドカ・ジャスミンさんが解説。女性目線で「いらないお返し」と「本当に嬉しいお返し」の違いを紹介します。

2月14日、バレンタインデー。

毎年1月頃から関連アイテムが店頭に並び、デパートでの催事や飲食店での限定メニューが登場するなど世間を賑わせるのが毎年恒例。

今のパートナーと過ごすバレンタインデーは今年で3回目になる私だが、ひとつだけ年々蓄積していく不満がある。

それは、「バレンタインのお返し」。

なんと、過去2回はお返しというお返しを貰っていない。なんてことだ。

Check!
どう過ごす? 「バレンタイン」の意味や由来を解説

バレンタインのお返しはいるorいらない? 女性の本音

彼を含め、貰う男性側からすれば、「お返しが欲しいから渡されるの?」と疑問を抱くかもしれないが、その疑問そのものにセンスがない。

考えてみてほしい。モテる男性はそんなことを口にするか? いちいちバレンタインデーのお返しについてちみちみ考えるか? 口にしないどころか、考えないに決まっている。

少なからず、私の友人でモテる男は当たり前のようにセンスのいいお返しを渡す。それがたとえ、義理チョコだとしても。

仮に相手から「お返しはいいよ!」と前置きをされていたとしても、ちょっとしたお返しを贈るのが粋な大人なのだ。学生ではなく社会人なら、それぐらいの“おもてなし力”を身につけておいて損はない。

【お菓子別】バレンタインのお返しに込められた意味

バレンタインにチョコレートをもらった人は、無難にお菓子を変えそうと考えているかもしれない。この時に注意したいのが、バレンタインのお返しとしてのお菓子にはそれぞれ異なる意味があるということだ。

これらをチェックしておくと、女性が本当に喜ぶホワイトデーギフトを選べるはず。

(1)マカロン

見た目がかわいらしいマカロンは、ホワイトデーギフトとして喜ばれること間違いなしのお菓子。そんなマカロンには、「あなたは特別」という意味があるのだそう。

あえて特別な人だけにマカロンを渡すことで、「あなたが本命です」という意味合いを強く込めることができるのだ。

(2)チョコレート

バレンタインデーにおいては、「あなたが好きです」という特別な意味を込めて渡すチョコレート。

ホワイトデーのお返しとしては、実は特別な意味は持たないのだそう。もらったチョコレートをそのまま返すというイメージから「気持ちを受け取れない」という意味合いに取られる可能性もあるので注意したいところ。

(3)クッキー

サクサクとした食感が特徴のクッキーは、この食感のように軽い関係を意味することがあるようだ。

バレンタインのお返しとしてクッキーを渡すと、「友達でいたい」といった意味で捉えられることがあるよう。相手の気持ちをやんわり断りたい時や、義理チョコのお返しとしておすすめ。

(4)マシュマロ

マシュマロもバレンタインのお返しとして定番のお菓子だが、口に入れるとすぐに溶けてなくなることから「すぐに関係をなくしたい」といった意味を表す贈り物だといわれる。

本命へのホワイトデーギフトとしては、マシュマロは避けた方が良いかもしれない。

(5)ケーキ

ケーキは高級感があり、「気合いを入れて選びました!!」という印象を与えられるお返しだ。日持ちしづらく持ち歩くには不便なので、渡したらすぐに食べてもらえる時などにはおすすめできる。

バレンタインのお返しとしても、特に悪い意味を持つことはないよう。好きな人と一緒に食べると、なお関係性が深まるきっかけになりそうだ。

参考記事はこちら▼

ここに載っていないお菓子や、アイテム別の意味を解説しています。

参考記事はこちら▼

バレンタインで渡すお菓子の意味を紹介しています。

▶次のページでは、バレンタインのお返しとしておすすめのアイテムをご紹介します。

次のページを読む

SHARE