お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

バレンタインのお菓子が持つ意味一覧。チョコ以外のお菓子の意味とは?

hasemana

バレンタインに渡すお菓子には、それぞれ意味があることを知っていますか。チョコレート以外にも、クッキーやキャンディ、マシュマロなどさまざまなお菓子が持つ意味とは? プレゼントをする際に、ぜひ意味を添えてみてくださいね。

バレンタインで気になる人に渡すお菓子。実は、プレゼントするお菓子には、それぞれ意味があることを知っていますか? 何を渡すかによって込められる思いが異なるのです。

従って、こっそり意味を込めて渡すのもドキドキしていいですよね。

それぞれに込められた意味を知り、渡す相手に合わせてプレゼントするお菓子を変えるのもおすすめです。ぜひバレンタインにプレゼントするお菓子選びの参考にしてくださいね。

バレンタインに渡すお菓子の意味9パターン

それぞれのお菓子には、どんな意味があるのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

(1)チョコレート

バレンタインで渡すお菓子の定番と言えばチョコレート。

チョコレートには、「あなたと同じ気持ち」という意味があると言われています。

日本のバレンタイン文化から考えると、「あなたが好き」という意味になりそうですが、これは元々チョコレートメーカーが仕掛けたプロモーションだとも言われていますよね。海外では、必ずしもチョコレートが主役ではなく、恋人たちがお菓子やメッセージカードを渡し合う日になっています。

もちろん、日本でバレンタインに贈るなら、チョコレートを「愛の告白」といった意味で受け取る人もいるでしょう。従って、本命に渡せばきっと思いが伝わるはず。

(2)キャンディ

キャンディには「あなたが好き/私も好きです」という意味があるとされています。キャンディは口に入れてから「長く味を楽しめる、なかなか溶けない」お菓子であることが由来なのだとか。

相手との関係が長続きする、縁起の良いお菓子。ずっと一緒にいたい恋人へ、溶けない関係を望む思いを込めて贈るのもいいでしょう。

(3)マカロン

マカロンには、「あなたは特別」という意味があるのだそう。

カラフルでかわいらしい見た目なので、女性からも人気のお菓子。恋人に限らず、大切な友人や家族、お世話になっている人へ贈るお菓子としてもおすすめです。

ただし、特別な1人にだけ渡すことで、「あなたが本命です」という意味合いを強く込めることもできるでしょう。

(4)キャラメル

キャラメルは、「あなたといると安心する、癒やされる」という意味を持っているとされます。

キャラメルは口に入れるとゆっくりと溶けていき、甘みや風味が広がっていきますよね。ゆっくりと広がる落ち着いた印象から、「安心できる」という意味を持つようになったのでしょう。

つまり、「あなたとずっと一緒にいたいと思っている」「いつも穏やかな気持ちにさせてくれてありがとう」という気持ちを伝えることのできるお菓子です。

(5)マドレーヌ

マドレーヌには「あなたと仲良くなりたい、あなたを知りたい」という意味があると言います。既に恋人関係であったり、両思いであったりする関係性よりは、知り合ったばかりの相手や一目ぼれした相手に渡すといいでしょう。

実際に、王道のチョコレートよりもラフな雰囲気で、マドレーヌなら重たく感じないという男性も多いはず。相手と仲良くなるきっかけとして、ぜひ渡してみてくださいね。

(6)バームクーヘン

バームクーヘンには、「幸せが長く続いてほしい、永遠の愛」という意味があるそうです。バームクーヘンの模様は樹木の年輪に似ていて、縁起が良いとされています。生地が重なる様子が、幸せが重なる様子を表しているように見えますよね。

長く付き合った恋人や結婚相手に、そういった意味の説明も添えて渡してみると◎。

また、ロマンチックな意味があるので、結婚祝いにもぴったりのお菓子です。年輪のような模様は長寿を表すこともあるので、長寿のお祝いや出産祝いにも良いでしょう。

(7)ドーナツ

ドーナツには「あなたが大好き」という意味があると言います。

というのも、英語が由来。「ドーナツの穴=hole(ホウル)」と“あなたが大好き”という意味の「I like you a whole bunch.」に使われる「全て=whole(ホウル)」がかけられているのだそう。

知らない人も多いであろう、ドーナツの意味。さりげなく、でも大きな思いを伝えたい時におすすめです。

「なんでチョコじゃなくてドーナツだと思う? あとで意味を調べてみて!」と言いながら渡したら、告白にもなりそうですね。

(8)クッキー

贈り物のお菓子として選びがちなクッキーには「あなたとは友達」といった意味があるのだとか。従って、本命ではなく義理の相手や友達に渡すべきお菓子と言えるでしょう。

また、他には「あなたとは軽い関係」といった意味があるともされています。そんなつもりはなくても勘違いをさせてしまう可能性があるので要注意! クッキーは重量が軽く、大量に作るのが簡単なことから、そんな意味を含むようになったのだと言われています。

(9)マシュマロ

見た目もかわいらしく、贈り物にぴったりなイメージのあるマショマロ。その意味は「君の気持ちを包んで返すよ」というもの。なんだか意味深ですよね。バレンタインのお返しとしてマシュマロを渡す文化があり、そこから生まれたものと言えるでしょう。

一説では「嫌い」と解釈することもあるようですが、ホワイトデーの起源となったマシュマロデーを作ったお店「石村萬盛堂」は、そんな意味であってほしくないと、とある広告で語っています。

バレンタインデーでも、相手を包む「優しさ」という意味を込めて、マシュマロを送ってみるのは良さそうです。

プレゼントする相手に合わせてお菓子を選んでみよう!

お菓子にはそれぞれ意味が込められています。細かく気にする必要はありませんが、たまには思いに合わせたプレゼントを選ぶのも楽しいですよね。従って、今年は相手に伝えたい意味に併せたお菓子を私てみるのもいいでしょう。

あなたは、どのお菓子の意味が気に入りましたか?

プレゼントに気持ちを添えて、渡す相手が喜んでくれるといいですね。

(hasemana)

※画像はイメージです

※この記事は2021年12月23日に公開されたものです

hasemana

2拠点生活をしながら、野菜や植物を育てて暮らすちょうどいいスローライフを模索中。インテリアショップ、花屋にて勤務経験あり。暮らしや仕事にまつわるライフスタイル系のライティングを主にしています。

この著者の記事一覧 

SHARE