お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

婚活界に「普通の人」がいない理由。結婚するには?

ひろん

「普通の人」と結婚したい女性が理想の結婚相手を見つける方法

ここまで読んでくださった方は「普通の人」と結婚することがいかに難しいか、おわかりいただけたのではないでしょうか?

でもね、まだ希望は捨てちゃいけません!!

出来上がった完成形を求めちゃうから、難しくなるだけであって、「育てがいのある人」「原石」は案外たくさんいるものです。

ちょっとぐらい「普通」とズレてても、共に歩む中で2人の歩幅が合っていけばいいじゃないですか。

今、稼ぎが少なくても、将来性のある男性を選べばいいんです。

今、とんがった性格をしてても、年をとれば丸くなる男性もいます。

今、個性的なファッションに身を包んでいても、パートナーにおだてられて普通の服装に着替える男性はいます。

よく「いい人はみんな結婚してて、売れ残ってない」なんて声が聞こえてきますが、既婚者が最初からいい人だったとは限りません。

結婚して日々揉まれていく中で、家庭向きの夫に変貌を遂げているケースのほうが多いものです。

やみくもに「普通の人がいい」という幻想にこだわるよりも、あなたが思い描く「理想の人」になりそうな人を探してみましょう。

(ひろん)

※画像はイメージです

※この記事は2019年11月21日に公開されたものです

ひろん

恋愛&婚活ブロガー、恋愛コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。1980年茨城県生まれ。28歳で億万長者と結婚するも、31歳であえなく離婚。その後、泥水をすするような婚活を経て、再婚。二児の母となる。現在、自身の経験をもとに「1人でも多くの女性を幸せにしたい!」と執筆活動中。著書に『崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法』(三笠書房)、『女はいい女になろうと迷走するけど、やっぱり男はいいかげんな女を選ぶんです。』(大和出版)、『自滅女子の婚活下克上』(WAVE出版)がある。

【Web】http://hiron.blog.jp

この著者の記事一覧 

SHARE